毛穴って何だろう

   


いちご鼻解消へ。鼻の毛穴に対するケアと毛穴パックの注意点

名前だけ聞くと可愛い雰囲気のいちご鼻ですが、現実は目を逸らしたくなるほど厄介な症状。

いちご鼻と決別し、素顔に自信を持ちましょう!

いちご鼻を解消するには、基本の洗顔と保湿を続けることが大事

ブツブツがひどい場合はピーリング系のケア。美容医療という手も

毛穴パックの是非は?使用は慎重に、リスクを想定するのが大前提

スポンサーリンク

皮脂や汚れが溜まりやすい鼻

鼻は皮脂分泌の多いパーツの代表格。

テカリやすくべたつきやすいため、メイクも崩れやすいですね。

さらにメイク後はすすぎ残しにも要注意。

窪んでいるのでメイク汚れが残りやすく、不衛生な状態が余計な毛穴トラブルを招きます。

ブツブツしたいちご鼻も、日頃のケア不足が原因かも…。

症状の度合いに応じてケアを変えるのも、いちご鼻解消への近道になるでしょう。

まずは正しい洗顔を徹底

間違った洗顔では汚れ落ちどころか、必要な潤いがゴッソリ奪われていきます。

潤い不足の肌は角質が厚くなりやすいうえ、皮脂も過剰に。

この状況が毛穴詰まりを加速させて、いちご鼻の連鎖を生むのです。

角栓を落とそう落とそうと必死に洗顔してもダメ。

基本的な正しい洗顔を続けて、肌機能を元に戻す必要があります。

保湿で鼻の毛穴を柔軟に保つ

べたつくのが気になるからと、鼻への保湿をおろそかにしていませんか?潤いが不十分の肌は刺激に弱く、それに対抗しようと角質を厚くさせます。

保湿しなくてはと皮脂も多く出すため、角栓ができやすくごわついた、テカリやすい状態になってしまうのです。

化粧水や美容液で潤いを補給し、鼻の皮膚に柔軟さを取り戻しましょう。

油分を含んだクリームや乳液の使用ですが、もともと油分(皮脂)の多い鼻には注意が必要。

特に思春期の皮脂が盛んな時期、体質的にオイリー肌である人は油分類を少なめにしたほうが良いですね。

いちご鼻がひどい場合

すでに黒ずみが進行している、ブツブツが多くある場合はプラスアルファのケアも有効です。

頑固な角栓は洗顔だけで綺麗に落とすのは困難なので、角栓除去に効果的なピーリングや酵素洗顔を取り入れましょう。

角栓は多くがタンパク質であるため、それを溶かすピーリングアイテムが有効なのです。

ただし使用頻度には十分注意するほか、もともと敏感肌など刺激に弱い人は使用を避けてください。

症状が深刻であれば、美容医療も検討してみましょう。

スポンサーリンク

毛穴パックはやってもいいの?

いちご鼻対策として毛穴パックを行う人は珍しくないはず。

シートを貼って剥がすだけで、毛穴に詰まった角栓がゴッソリ抜ける人気のグッズですね。

一方で、皮膚に大きな負担になるのでは…という声も。

その通り、毛穴パックを貼って剥がす行為は鼻全体の肌へ大きなダメージを与えてしまいます。

また、使用したその時は角栓が除去できて嬉しくなりますが、あくまでも一時的な効果です。

基本のケアができていなければすぐに角栓が再発し、また毛穴パックで一時しのぎ…の繰り返しになる恐れも。

実はこれが本当の恐怖。

繰り返し毛穴パックを行うことで肌が大きく傷つき、弱った状態になります。

未熟な角質が増えてバリア機能が低下。

潤い機能も狂い、水分は少ないのに油分は過剰に…。

異常角栓ができやすくなり、いちご鼻が慢性化する悪循環へ陥ります。

毛穴パックの注意点

毛穴パックは絶対にNG!とまでは言えないものの、進んでおすすめできるとも言い難いケア方法です。

それは使用頻度の見極めが難しく、間違った使い方をした時のリスクも高いため。

どうしても使用する場合は肌のターンオーバーに合わせ、特に停滞期の使用が良いでしょう。

これは毛穴パックが角質を剥がし、ターンオーバーを早める恐れがあるためです。

また、使用後の保湿ケアや引き締めケアなどを徹底すること。

ケアが雑だと潤い不足になるほか、毛穴が開いたままとなり雑菌が入り込む危険性も考えられるでしょう。

敏感肌である、インナードライ肌で肌機能が低下しているなど、お肌が弱い状態にある人は使用しないでください。

参考サイト

【医師監修】毛穴パックの正しい知識 | スキンケア大学

スポンサーリンク

 - 部位別に見る毛穴のお悩みと対策

執筆者:rihira

一般社団法人 日本スキンケア協会
認定:スキンケアアドバイザー

執筆者のプロフィール 

  あわせて読みたい