梱包作業と開梱作業…どこまで業者に依頼する?

1から10まで業者に依頼すると楽ですが、やれることは自分で行えば費用削減に繋がります。
中でも梱包と開梱は、状況によっても判断が分かれる項目です。

pixta_22930075_s

梱包・開梱作業のポイント

梱包と開梱、どちらも業者に任せることが可能

梱包の難しい大きな家具は依頼するのが無難

自力で梱包するときのポイントは?

引越しするなら複数の業者に見積りしてもらいましょう。

引越し一括見積で徹底比較

引越し荷物の基本“梱包作業”と“開梱作業”

pixta_18630981_s

必要な荷物を段ボールなどに詰める“梱包作業”。
逆に詰めた荷物を引越し先で開封、配置する作業が“開梱作業”になります。
いずれも貴重品を除けば、基本的にすべてを業者に依頼することが可能です。
仕事の都合や小さな子供がいるなど、梱包と開梱が困難な場合は業者への依頼が確実・安心な方法となります。

業者が作業を担う場合

pixta_17273788_s

段ボールには明細が添付

納品

引越し業者に梱包を依頼する場合、どこに何が入っているかわからなくなると困りますよね。
大丈夫、業者側は段ボールに何を入れたかの明細や、入っている荷物のポラロイド写真を添付してくれます。
自力での梱包にも活用できるアイディアですね。

大きな家具だけ依頼も可能

引越し業者

タンスや食器棚などの大きな家具も梱包する必要はあるの?もちろん段ボールに詰める訳ではありませんが、キルティング加工された専用のパッドなどで保護する方法があります。
これは家具そのものや建物の壁、床などを傷つけないためにも必要なこと。
素人ではなかなか難しいでしょうから、家具類だけは業者に依頼するのも有効です。

テレビやデッキの配線は?

panel with contacts of TV

開梱を依頼したついでに配線も…そう考える人もいるのでは?サービスで実施してくれる業者もありますが、基本は有料作業になります。
配線が苦手という場合を除いては必要ないでしょうが、利用したいなら事前に手配をお願いしましょう。

自分で梱包作業!注意点はある?

pixta_8657231_s

基本はすべて段ボールに

pixta_8840643_s

プランなどにもよりますが、多くは依頼した業者から無料で段ボールが支給されます。
数は引越し状況によりけりですが、業者での差もあるので見積もりの際に確認しましょう。
引越し業者からもらえる段ボールは新品の状態。
食器や衣類など清潔重視の荷物を優先すると良いですね。

基本は小さな段ボールに重い荷物、大きな方に軽い荷物を詰めます。
万が一数が足りない場合は、近所のスーパーなどで無料でもらえる段ボールを活用しましょう。
ポイントはあまり詰め込みすぎないこと。
頑丈に梱包したい場合は、重ね張りできないクラフトテープではなく布テープを使ってください。

タンスの中身は業者に確認

pixta_7663239_s

最近ではタンスの中身をそのままにして引越しできることが多くなっています。
ですが事前の確認は必須。
洋ダンスの中にハンガーで保管している衣類はそのまま運ぶことが可能です。

一部の家具はゴミ袋を活用

カラーボックスや小さいケースなどは、分解する必要はありません。
ゴミ袋とテープで包装すれば大丈夫ですよ。
100円ショップなどにあるもので活用すると良いですね。

引越しでは三社程度から見積もりを!

一括見積で料金を比較する

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加