包丁の語源

料理道具といえば、すぐに頭に浮かぶのは“包丁”の二文字だと思います。特に和食の世界では包丁は料理人の命とも言われており、プロの料理人にとってはその存在意義は大変に大きいと言えるでしょう。

包丁という言葉の語源ですが、中国語から来ているようですね。庖丁という文字を使っていたようですが、当時の日本には庖という漢字がなかったらしく、同じ音の包を用いて包丁としたということのようです。

また言葉の意味ですが、”庖”とは厨房を意味していて、”丁”は馬丁などの丁と同じ意味でそこで作業をする男という意味だったようです。この厨房で働く人達を、当時の中国では包丁(ほうてい)という呼称で、一般的にその職業を表していたのです。

したがって包丁とは料理人そのものを指し示す言葉だった、ということになります。

スポンサーリンク

では何故その包丁(ほうてい)達が使う料理道具を“包丁(ほうちょう)”と言う名称で呼ぶようになったのか、ということをちょっと雑学的に述べてみます。

話は魏の時代にまで遡り、当時の恵王の御前である包丁(ほうてい)が、牛を丸ごと一頭捌いて見せた時のことだったのです。恵王は、その包丁(ほうてい)の見事な刀捌きにいたく感銘を受けて、その男の使っていた刃物を包丁(ほうちょう)と呼ぶように命じたということが、一般的に言われている話です。

ちなみに、現代中国の一般社会では包丁と呼ぶよりも、単純に“刀(とう)”と総称してしまうことが多いようですね。

私の知っている中国人も、包丁とは言わずに単純に刀と言っていまいた。

また、包丁を研ぐという行為を“磨刀(まとう)”と言う単語で表現していましたから、多分包丁ではなく刀(とう)という呼称が一般的なのでしょう。

包丁のジャンル

ではその包丁ですが、いったいどれぐらいの種類があるのでしょう。

大きく分けて三つのジャンルではないか、と言う事が一般的には言われていますね。

それは“和包丁”・“洋包丁”・“中華包丁”のジャンルに大別できるということを、よく刃物の専門家の方たちは言います。

またこのジャンルには入らない、特殊用途の包丁も存在するのですが、ここでは一般的なものに付いて述べていくことにするため、割愛していきます。

包丁関連情報ページの紹介

包丁の持ち方、野菜の切り方は? 自炊ビギナー必見「料理の基本」

スポンサーリンク