有名人の付き人の仕事

この記事の所要時間: 216

たまにテレビで聞くのが「付き人」の話ではないでしょうか?
ちょっと変わった職種に就きたいのであれば、このような付き人というのも選択肢として面白いかもしれませんね。

実際に付き人になるにはどうしたらいいのでしょうか?

スポンサーリンク

一般的に付き人になりたいと志願する人の多くは自分もいつかはこの人と同じように芸能人として成功したいと思っている人のようです。
マネージャーのように所属事務所から「担当です」と言われるのとはまた違うのが付き人の存在です。
実際には師匠と弟子という関係性が一般的のようです。

実際に付き人を持っている芸能人は
落語家
漫才師
女優や俳優
が一般的で
モデルやタレントという人たちはマネージャーだけで、付き人を持ってはいないようです。
どちらかというと、芸を師匠から学ぶために側においてもらっている、というスタンスかもしれませんね。

実際に付き人の仕事としては師匠に生活費や生活の面で面倒を見てもらう代わりに師匠の身の回りの世話をしたり、雑務を担当したり、というのが多いようです。
また、師匠が付き人の部屋を自宅に用意することもあるので、24時間つきっきりになるのが現状のようです。
なので、自分の時間はほとんどないと言えるでしょう。
しかし、その合間に師匠の技を教えてもらったりする、という事ができるのです。

俳優の場合は大御所レベルになると付き人を持っている場合もあるようです。
その場合も、師匠の雑務や日常的なことをケアをしながら自分は別の劇団に在籍して・・・のようなこともあるようです。

またお笑いタレントも大御所クラスになると弟子のような付き人を取ることがあるようです。

このように芸能人の付き人というのは運転手代わりに働くことが一般的のようです。
テレビ局への送迎、地方での仕事の時の世話や運転手師匠である芸能人がいかに仕事がしやすいようにするのか?も彼らの仕事だったりするようです。

付き人のお給料はそのついている芸能人によるようで、一切お給料を出さない人から固定給のように○円と毎月支払う人もいたり、と様々なようです。
また、休日もない、と言う人と固定である、という場合があったりと様々です。
しかし、実際にはお給料の面ではかなり厳しい面が多いので、一人暮らしをしたり、家庭を持つということはかなり難しくなるようです。

募集などは基本的にされないようです。
一般的には直談判の状態で付き人にしてもらうことが多いようです。
この人の技を学びたいという思いがあるなら、直談判してみてはいかがですか?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする