シナリオライターになるにはどうすれば?

この記事の所要時間: 217

あれは原作はいいけど、脚本がダメだった!なんていう事があると思います。
自分の思い通りの脚本を書いて、それそお気に入りの俳優が演じてくれたら!なんておもったなら、シナリオライターを目指してみてはいかがでしょうか?

シナリオライターは簡単に言えば、ドラマや映画、演劇の脚本を書く人のことを言います
他にはラジオやテレビの台本を担当する人のことも放送作家と言ったり、脚本家と言ったりするようです。

スポンサーリンク

脚本家がシナリオを完成させるときには完全なる自分のオリジナルのストーリーを書く場合と、すでに実際に本としてあるものを脚本にする場合があります。
どちらにしても、文章を映像化するという事で同じです。しかし、放送時間というのは限定されているために時間内でつじつまが合い、次への期待感を高めさせたり、途中でわくわくさせたり、という見る側の期待を高めさせるような流れにすることが必要なために、かなり高度な文章力が必要となります。
また、あまりにも映像化にお金がかかるような脚本も採用してもらえないので、予算内で実現できるような脚本にすることも必要なのです。

一般的にシナリオライターになるためにはどうしたらいいのでしょうか?
一般的にはシナリオライター学校のような学校に在籍し、シナリオを書く上でのノウハウや基本的なことを学びます
そして才能があれば、実際にシナリオライターとして活躍し始めるのです。
または、独学で学び、シナリオコンクールなどに応募して、入賞を狙うなどの方法もあります。
どちらにしても実力や才能がないとシナリオライターとして仕事はできません。

基本的にシナリオライターはフリーでの活動になり、どこかに在籍するということはありません。
なので全て自分のこなした仕事の数によって年収は変わっていきます。
また、もちろん、収入が多い時期があったり、少ない時期など様々でしょう。
一般的に1時間のドラマの脚本で50万円から100万円程度だといわれています。
それが10回だったら10倍という事です。
かなりの金額がもらえますが、やはりドラマを任せられるようになるには、かなりの胃呪力がないですし、そのようなシナリオライターは日本でも数人程度しかいないのが現状です。

納期もありますし、状況によっては手直しが頻発することもあったりするとてもストレスの多い仕事となります。
文章を書くのが好きで、ストーリーを考えるのが好きな方、いかがですか?
シナリオライターには年齢制限はないのでいつでも転職可能です。

スポンサーリンク

ピクサーに学ぶ!人を魅了するストーリーライティングの22のルール

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする