アパレル業に転職したい

この記事の所要時間: 216

アパレル業に転職したいと思っている人もいるのではないでしょうか。
アパレル業界への転職はそこまで難しいものではないかもしれまえん。
ですが、まずは絶対的な条件としてお洒落に興味があるという点が大事になってくるでしょう。
アパレルと言っても様々です。
客層も異なるでしょうし、扱っているアイテムも様々です。

スポンサーリンク

最低限どのようなアイテムを扱っているのかを把握していない事には接客など出来ません。
ですのでまずは最低限お洒落に対して興味がなければならないでしょう。
また、コミュニケーション能力
これがとても重視されます。
接客の際、必ずお客に声をかけるよう指導している所もあれば、お客の様子を見計らい、声をかけて欲しそうであれば声をかける。ゆっくりと楽しみたいのであろうお客には声をかけずに、声をかけられるのを待つ。
そのような「空気」を読まなければなりません。
押すだけが接客ではありませんので、その点も弁えておかなければならないでしょう。
特に必要な資格がある訳ではありませんが、販売士の資格は実務的にも役立つ事が多いですから、そちらを参考にしてみるのも良いのではないでしょうか。

アパレルといっても様々ではありますが、中には自分自身のコーディネートまでチェックされるアパレルもあります
店員は言うなれば「動くカタログ」のような存在になりますので、しっかりとしたコーディネートが求められるでしょう。
このように、アパレルは転職するのはそこまで難しいものではないのですが、転職してからの方が大変な業種なのかもしれません。
個人で経営しているようなアパレルショップの場合、仕入れや採算なども考えなければならない事も出てくるでしょうから、アパレル業界への興味はもちろんですが、実務面での力量が問われてくる事もあるのです。
これはとても大事な部分と言えるでしょう。

その点では案外やりがいのある職種とも言えるかもしれません。
ですがアパレルは離職率も高いため、求人を見るとアパレルの求人はとても多い事に気付かされるでしょう。
厳しい業界とも言えますので、興味本位では中々続かない業界なのかもしれません。
「お洒落が好き」程度ですと決して勤まる事はないでしょう。
また、狭いお店の場合閉塞間とも戦わなければならないですから、体を動かすのが好きな人にとっては少々窮屈かもしれません。
それでも尚、転職したいと思うのであれば、趣味ではなく「お仕事」としてアパレルに向き合う覚悟が必要になってきます。

スポンサーリンク

アパレルの裏事情・・・Senjyu・・・ ?ナチュラルなお洋服の製作日記?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする