短大生の就職

この記事の所要時間: 214

就職を目指している学生は多いでしょうが、その中でも一番と言っても過言ではないくらい大変なのが短大生と言われています。短大生の場合何が辛いのか。
これは様々な理由が挙げられるのですが、まずは入学してすぐに就職の事を意識しなければならないという点。
二年制の専門学校の場合もこれは同じ事が言えるのですが、専門学校の場合ジャンルが特化しているわけですので、どのようなジャンルに進めばよいのか解らないというケースはあまりないでしょう。
ですが短大生の就職の場合、自分自身がどのような事を得たのか実感する前の段階で就職活動を行わなければならないのです。更に短大生の場合授業がとてもタイトですので、就職活動と授業の両立は想像以上に厳しいものです。

スポンサーリンク

また、授業だけでもかなりタイトなスケジュールだったりしますので、通学区域によってはアルバイトの時間さえもなくなってしまうでしょうね。
最近では短大の人気が低下してきているようですが、これはやはり就職にそこまで強くは無いという点が挙げられるのでしょう。
保育など、ジャンルに特化した短大の場合はまだしも、就職に特化している訳ではない学科の短大生は就職戦線ではかなり厳しい戦いを強いられる事になるでしょうね。
また、四年生の大学生は募集しているものの短大生は募集していない企業も実は珍しくなかったりしますので、そのような点からも短大生の就職活動はどうしても辛いものになってしまうのです。
では短大生が就職活動に臨む際にはどのような点を意識しておかなければならないのでしょうか。

これは中々難しいのですが、まずは意識を高く保たなければならないでしょう。
先の話ではないですが、短大生は募集すらかけていない企業もあるのです。
そのような現実に対して憤怒を抱えているだけでは決して就職する事など出来ないのです。
また、資格を取得して就職戦線を有利に運びたいと思っている短大生もいるのではないでしょうか。考え方そのものは決して悪いものではないのですが、資格は経験が伴ってこその部分もありますので、資格だけあっても劇的な効果を生み出すほどではないかもしれません。

そのため、短大生が就職活動で気をつけなければならないのはやはり意識の問題でしょうね。
就職するという事はどのような事なのか。
自分自身がどのような立場なのか。
その点をしっかり弁える事が出来ないと苦戦は必至です。ですが短大生でも内定を貰っている人もいますので、挫けてはならないでしょう。

この国はきっと滅びる! 就活のバカたち 学生もバカなら、面接官も大バカ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする