IT系の資格「MCP」にはどういうものがありますか?

この記事の所要時間: 322

MCPとは何なのか?それは、マイクロソフトの略称であります。なかなか難しい、またはわけがわからないよ!という方もいるかもしれませんが、なれる、または意外と私たちの身近にあるものもありますので、覚えておくと便利かもしれませんね。それだけ最近では身近になってきているといってもいいでしょうから。

どんな資格があるのか?

たくさん資格がありますよ。まず、全般的な資格と言えば「マイクロソフト認定プロフェッショナル」というのがあります。
マイクロソフトの製品の実践的なスキル、または幅広い知識を認定してくれる世界でも共通されている資格となっています。
MCPの認定プログラムのいずれかをひとつでも合格をすると、これに認定されますので、比較的取りやすくなっています。

スポンサーリンク

システムエンジニアのための資格

マイクロソフト認定デスクトップサポートテクニシャンというのがあります。ウインドウズ、またはベースのデスクトップの環境で高いトラブルシューティングの能力を持つ、技能者、技術者であることを認定されるものであり、IT、プロのキャリアでは、この資格は絶対に必須となってきます。

マイクロソフト認定システムアドミニストレーター ウインドウズをプラットフォームなどにするシステム環境を管理する、またはトラブルのシューティングを的確に対応するための資格となっています。これもエンジニア向けの資格となります。

マイクロソフト認定システムエンジニア、ITやインフラの実装や設計におけるシステムエンジニアの最上位の証となっています。
多くの企業が欲しがっている、採用としている専門性の高い資格となっていますね。

データーベース管理者のための資格

マイクロソフト認定データーベースアドミニストレーター、データーベースの設計や管理、メンテナンス
さらにはセキュリティの設定などを行うエンジニアを対象にした上位の資格となります。

開発者、ソリューションデベロッパーのための資格

マイクロソフト、認定アプリケーションデベロッパー、これはエンタープライズソリューションの開発において、
アプリケーションなどをはじめとする「部分的」なコンテンツを開発していくエンジニアに向けた資格となっています。

マイクロソフト認定ソリューションデベロッパー、マイクロソフトなどのプラットフォームに基づくアプリケーションを開発、または運用に必要とされる
高度な専門知識をもっていると証明される資格であります。

これが資格となっていきます。どれもIT関係の仕事に役立つものでありますので、興味がある、またはIT関係にいきたいんだ!と思う方は絶対に必要になる資格と言えるでしょう。参考書などもありますし、また2005年からは色々な新しい資格もありますので、そちらをとって、さらなる進化を求めてもいいかもしれませんね。今後、このようなITの資格は増えていくといってもいいかもしれません。パソコンはこれから当たり前のように普及していくので……さらなる資格が増えると言っても過言ではないでしょう。

また、企業などもITの専門知識を持っている方を欲している方が多いです。やはり、そう言う人だからこそできる仕事というのがあるのでしょう。それをぜひ考えてみてください。きっと色々とあると思います。これを全部取るのも面白いかもしれませんが、開発、エンジニアによって資格は違ってきますので、自分が「これがしたいんだ!」というのみやるといいでしょう。そっちの方が効率がいいと思います。そこから、さらにとりたい!と思ったのであれば、取るといいかもしれませんね。そうすれば、色々と役に立ちますし、他にも仕事ができるかもしれませんし、さらに自分で独立することだってできるかもしれません。ITは落ち目であるといっているかもしれませんが、これから伸びるのは間違いないでしょう。だって、これから新たな機器がたくさん出てくるのですから……。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする