海外で働くには語学だけでなく文化も学ぶ必要があります

この記事の所要時間: 319

a1180_012498

海外で働きたい!そう考えている人も多いでしょう。海外で働くためには、外国語の能力、そして多彩な価値観の受容が求められます。もし、あなたが海外で仕事がしたいと思っているなら、以下の情報を参考にされてみてください。

スポンサーリンク

どの国で働きたいかを決めよう

世界には200以上の国があります。まずはあなたがどの国で働きたいのかを明確化しましょう。その国に単に興味がある、文化が好き、その国の人と仲良くなりたい、いろいろと動機があって然るべきです。他国にビジネスチャンスがあることも多く、独立起業を海外で行うといったチャレンジャーも増えています。こういったベンチャー企業をサポートしている企業や自治体もありますので、しっかりと参考にされてみてください。

外国語の取得

どの国に行きたいかが決まったら、できるだけその国の言語を学ぶようにします。アメリカに行きたいなら英語、中国に行きたいなら中国語、イタリアに行きたいならイタリア語など、それぞれの国に合わせて勉強するようにしましょう。外国語系の学校や専門学校に通うのもいいですし、独学で勉強をするのもいいでしょう。さらに、最近はオンライン外国語講座といった便利なサービスも行われています。例えばあなたがイタリアに行きたいけど、近くにイタリア語講座を提供している企業がない!といった時もオンラインで世界中どこでもレッスンを受けることができます。語学力取得のためにはオススメの方法です。

行きたい国の文化を学ぶ

行きたい国の文化、風習を知っておくのも重要です。特にビジネスの場合は、こういった風習、文化の相違から仕事がうまくいかなかったり、職場の人間関係がうまくいかなかったりすることもあります。各種書籍を参考にするのもいいでしょう。インターネットサイトでも国ごとの歴史、特徴、地形、天候などの情報が公開されています。あなたの行きたい国で働いている日本人のブログなどもとってもオススメです。上手に情報を探しましょう。

海外でのビジネス

それぞれの国によって、独自のビジネスルールがあります。日本でのビジネスルールはあくまで日本での常識です。海外では考えられないようなルールがある場合もありますので、こういったビジネス上のマナーなども知っておくようにしましょう。世界の中でも、日本のビジネスルールはとっても厳格で真面目と評価されています。しかし、こういった習慣が少ない国も少なからずあります。平気で商談に遅れてきたり業務上のミスをしたり、中には無断で欠勤するのが当然のような国まであります。国に合わせてそういった文化を受容するようにしましょう。

日本にいる人との連絡の取り方

海外で働いている場合も、日本に残している家族や親族、友人と連絡を取りたいといった人も多いはずです。国際電話ではかなり費用が掛かってしまいますので、インターネット回線を利用した、無料通話サービスなどを上手に活用するようにしましょう。そうすることで簡単にあなたの仲の良い人などと時間の制限を受けることなく通話することができます。特に最近は、ビデオ通話なども人気になっていますので、こういったサービスを利用してみるのも良いかもしれません。世界規模でブームになっているSNSを利用して、近況報告をしたり、友達の近況報告を見るのも良いかもしれません。

海外でのビジネススキル

国によって、いろいろな資格が準備されています。日本にも、国家資格と検定資格があるように、海外でもこういった二種類の資格があるのが多くなっています。海外に行ったときでもビジネスで役に立てるために、国際免許を取得される方も多くなっています。必要に応じて、こういった免許取得も考えましょう。

このように、海外での仕事に就いては色々な情報があります。あなたの人間としての可能性を無限に広げてくれる海外、こういった海外で自分磨きをするのも良いかもしれません。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする