職場でのSNS活用法とトラブルの回避

この記事の所要時間: 329

c15a59_s

今や多くの人が利用しているSNS。世界規模でブームになっているfacebookやLINE、ツイッターなどたくさんのSNSがあります。離れた場所に住んでいる友人、昔の懐かしい友人などの近況も知ることができるオススメのサービスです。最近、日本の企業もこういったSNSサービスを活用しているところが多くあります。今回は、このSNSについてご紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

SNSはボランティア?

数々のSNS、全く無料で利用できることから、ボランティアでこういったサービスをしているの?といった風に思う人も居るようです。しかし、こういった大手のサーバーを利用して、何千万人、何億人といったユーザーを抱えるためにはその管理費用にかなりの金額が掛かります。定期的にメンテナンスをする必要もありますので、何かしらの収入を得ているのです。結論から言うと、SNSは広告費によって収入を受けています。具体的な例を紹介しながら、SNSについてご紹介していきたいと思います。

SNSのシステム

利用している人はわかると思いますが、登録には一円もお金がかかりません。ほとんど無料で、いろいろなサービスを利用することができます。しかし、中には有料サービスなどもあります。デザインやスタンプなどを販売しているのです。こういった収入もありますがそれよりも多くなっているのが広告収入です。企業としては、多くの人が集まるサイトに商品PRができたほうが効率が良くなります。例えば、あるSNSなどではグループ機能などがあります。ファッション好きが集まるページ!などがあった場合、アパレル関係、アクセサリー販売などの会社にとっては絶好のターゲットとなるわけです。こういったところに企業がピンポイントで広告をする際に、SNSサイトは広告費を頂くわけです。

職場内でのSNS利用

会社によっては、こういったSNS内で業務連絡を取っているところもあります。その理由は簡単、無料で通話ができるものなどもあるからです。しかし、これに依存しすぎていては企業としての価値が問われます。あくまで補助的に利用する程度に抑えましょう。

SNSと職場トラブル

稀に、SNSの投稿で職場のトラブルを招くことがあります。職場の愚痴などをSNS上でつぶやいて、それを職場の人が見てしまった場合などです。匿名性がないSNSもありますので、あまりに激し過ぎる陰口などを投稿するとこういったトラブルに発展することがあります。大人のマナーを守って対応するようにしましょう。

企業とSNSの活用

企業によっては、こういったSNSを上手に利用して営業活動をしているところもあります。こういった場合、いろいろな教本が販売されていることもありますので、しっかりと活用しましょう。SNSと連携することで、ビジネスメールなども大量に配信することができます。無料でアカウントを取得できるケースも多いですので、しっかりと活用されてみてください。

専門の部門をつくっているところもある

こういったSNS利用の専門部門を用意しているところもあります。こういったことを考えると、SNSの活用の幅はかなり広いと言えるでしょう。多くの会社がSNSの活用により業績を上げています。SNSをより効率的に活用するために、専門職を雇っている業種もあります。アプリの開発などに積極的に力を入れている企業も多いです。

SNSで他業界の情報収集

SNSを利用している業界は多くなっているため、他の業者の情報収集にも役に立ちます。キャンペーン情報や新規店舗開店のお知らせをいち早く入手することもできます。会社経営者のつぶやきなどを見ながら、どういった戦略を取っていくかなどを予想する投資家もいるくらいです。情報収集にも役に立ちますので是非利用されてみてください。

このように起業としてSNSを利用するのにも大きなメリットがあります。あなたの会社がまだこういったサービスに着手していないなら、積極的に活用するようにしましょう。ちょっとしたクーポンを付けるだけでも効果がわかります。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする