コンシェルジュになるにはどうすれば?

この記事の所要時間: 221

なんでも知っていて、どんなことでも叶えてくれる・・・それがコンシェルジュだと思います。

実際にコンシェルジュになるには、どのようにしてなるのでしょうか?学校などがあるのでしょうか?

a0002_000938

実際のコンシェルジュの仕事とはどのような事があるのでしょうか?
まず。

もともとの職務の意味はホテルに宿泊するお客様のホテルに対する満足度をアップさせるためのものだったそうです。

スポンサーリンク

単純に部屋の鍵を渡すためだけではなくて、近くのレストランを聞かれたり、その予約をしたり、または劇場の案内をしたり・・・というお客さまがそのホテルに滞在中の希望を叶えてきたことで、ホテルに対しての満足度が高まったために、きちんとコンシェルジュとしての職務ができたんだそうです。

現在もそのスタンスは変わらずにお客様の要望にあわせて、観劇用のシートを予約したり、または良いレストランを紹介したり、というのが主な仕事になっているようです。

実はコンシェルジュになる前にホテルへの入社が必須だといえます。

ホテルに入社して、その後にしっかりと研修を受けてコンシェルジュになるのです。

基本的にホテルに採用になったら、あらゆる場所で研修を行い、ホテルについてのことをしっかりと熟知します。

また接客のノウハウやホテルの仕組みを知った上で最終的にコンシェルジュになるようです。

入社後1年目でコンシェルジュになることは難しく、しっかりとけいけんを積んだ人がなれる職種なのです。

現時点の日本では実に200名以上のコンシェルジュがホテルにて働いているそうです。

海外では男性のコンシェルジュが多いのに対して、日本では女性のコンシェルジュが多いそうです。

またその価値が評価され、ホテルだけではなくて「サービスのプロ」という位置づけで百貨店や高級マンションにも配属されるようになったそうです。

智識とホスピタリティなどが必須の仕事なので、年齢よりもその考え方や人間性が評価されることが多く、年齢に関係なく採用が可能だと思います。

どのような人がコンシェルジュに向いているのでしょうか?
やはり、基本的には接客業にあたるので、しっかりと接客業の基礎がないと難しいでしょう。

また、日本人だけではなくて外国人と接することも多いために最低でも英語は必須だと思います。

また、どんな難しい要望に対してもしっかりと応えていきたい、という「もてなしの精神」が人一倍強い人が良いでしょう。

世の中の動きに強かったり、政治、経済、芸能とあらゆる分野の知識があることが重要です。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする