ウェディングプランナーになるにはどうすれば?

この記事の所要時間: 226

一生に一度の晴れ舞台、どんな女性でも憧れるウェディングドレスと結婚式、その一生に一度の舞台をより素敵なものに!そんな仕事がしたい、と思ったならばウェディングプランナーがお勧めです。
このウェディングプランナーにはどうやってなったらいいのでしょうか?

スポンサーリンク

実際のウェディングプランナーの仕事は、結婚式のプランニングから演出をすることです。
ブーケ、引き出物、料理、招待状、座席など、様々な結婚式に必要なことを、新郎新婦をサポートしながら、よい式にするのです。

実はこの職種は大変、女性に人気がある仕事で、10人の枠に1万人以上が応募することもあるほどの人気職なのです。
しかし、最近では新卒だけではなく、すでに社会経験がある既卒を採用する場合も増えているそうです。理由は結婚年齢が高くなり。それなりの社会経験があるプランナーが必要になってきているからなのです。

実際にこのプランナーになるには特別な資格が必要なわけではなく、接客業などが未経験だったとしても採用されるケースはとても多いので、転職を考えている女性で結婚式に興味のある方は検討してみるのもいいかもしれませんね。

ウェディングプランナーは資格もあるのですが、必須ではありません。しかしキャリアとして持っていてもいいかもしれません。
1級と2級があります。
また、しっかりと正式にプランナーとして認定されるには実はこの資格の1級に合格していることが実は必要です。

一般的にプランナーとして仕事をするには
ドレスショップ
海外ウェディング会社
ホテル
演出会社
などに入社して仕事をすることが一般的になります。
給料としては普通のOLさんのお給料の350万円前後が一般的のようです。

また勤務体制ですが、やはり土日に関係なく勤務することが必要です。
なので平日に休みになることが一般的です。

どのような人がこのプランナーに向いているのでしょうか?
やはり結婚式をよりよいものにしたい。
素敵な一日をより思い出深い物にしたい
新郎新婦の一日をより素敵な日にしたい・・・という気持ちがある方がいいでしょう。
また、二人の思いやどのような結婚式にしたいのか?
二人がどのような思いを持っているのか?などをしっかりと聞き取れる、コミュニケーション能力が高いことは必須です。
また、二人の希望を叶えるように、あらゆる智識を持っていることも大切です。

また、しっかりと経験を積んでいくとフリーとして働けたり、または開業することもできるので、長い目でみて女性にとっては嬉しい仕事の一つではないでしょうか?
結婚式に二人の笑顔をみると本当に満足できる仕事だそうです。

優しい記憶|ウェディングプランナー有賀明美オフィシャルブログI LOVE WEDDING

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする