ディズニーランドで働くにはどうすれば?

この記事の所要時間: 236

f5da87f4a1e04013dff4e86328542a94_s

一度や二度は憧れることもあるディスにーランドでの仕事。

どの仕事もなんだかちょっと特別のような感じがして、いい!と思ったことがある方も多いと思います。

実際にどのようにディズニーランドでの仕事ができるのでしょうか?

スポンサーリンク

まず、実際のディズニーランド内の仕事内容は本当に多岐にわたります。

またどの仕事に対してもディズニーランド風の呼び方があるのです。

例えば、世の中の清掃員のイメージを変えてしまった、ディズニーランドの清掃員の呼び方はカストーディアルキャストです。

他にも駐車場で働く人「パーキングロットキャスト」と呼んだりと、全てに名前がついているのです。

また、実際に外で接客として働く人たちと、非接客として裏方として働く人など、本当に様々な職種があるのがディズニーランドです。

また、仕事内容は本当に多岐にわたり、閉園したあとは清掃をしたり、メンテナンス作業に入るので、実は眠る時がないのがディズニーランドなのです。

採用までの流れ

一般的な採用になるまでの流れとしては
まずは一般採用の中からオリエンタルランド(ディズニーランドの運営会社)の社員になるか
ディズニーリゾートのキャスト募集があったときに応募するという二つの方法があります。

夏が近くなったりすると求人誌で募集がかかるのでアルバイトとして仕事に就くのは比較的簡単ですが、社員になるのは本当に難関なのです。

一般的に四年制大学を卒業した人以上が応募できる、というのが大前提になります。

また社員は技術系と美術系とテーマパークで働く、という3種類に大きく分かれるようです。

ちなみにアルバイトとしは年間、かなりの人数が退職するために、募集の回数はかなり多いようです。

基本的によほどの人でない限り、全ての募集者を採用するように心がけているようです。

しかし、やはり「夢の国」を表現される場を一緒に作っていこうという姿勢があるか?がとても重要とされています。

採用後はしっかりとディズニー哲学などについて学ぶ事が必要とされます。

アルバイトの時給は仕事内容によって違うようですが、相場以上の金額はもらえるようです。

また専門職になるほど、もちろん時給もかなり高くなるようです。

またディズニーランドらしいのが、勤務時間のトータル時間がある一定の時間を越えていくと記念品がもらえるそうです。

オリエンタルランドで働いていた、というだけで他の会社でも評価されるそうなので、転職する時にはかなりステップアップする方が多いのですが、やはりディズニーというものにほれ込んで就職する人が多いために、あまり退職する人はいないようです。

スポンサーリンク

TDRに行くなら入れておきたいアプリ5選|ディズニーランド・シーに行くなら、目一杯楽しむ為の準備を!

2013-02-12再編集

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. 匿名 より:

    私もディズニーランドで働きたい♪
    将来が楽しみです♪

  2. 匿名 より:

    私ゎ高校生です。
    ディズニーの仕事に興味を持っています。
    ホントにあこがれの仕事です!
    将来ゎディズニーで働きたいです!

  3. ピーちゃん より:

    わたしもした?い

  4. ちょん より:

    将来、ディズニーランドで働きたいと思っています。
    働くために取得しておいた方が良い資格とか、勉強しておいた方が良い分野とか知りたいです。

  5. ミッキー より:

    私はディズニーの大ファンです。
    今私は小学生です!クラスの中で一番多く行ってます!(笑笑)
    将来ディズニーランドで働きたいから、皆さん応援よろしくお願いします!

  6. 匿名 より:

    私は将来キャストとして働きたいと思っています。

    小さい頃からの夢です。

    夢が叶うと絶対嬉しいですよね^ー^