メイクアップアーチストになるにはどうすれば?

この記事の所要時間: 247

woman-83173_640

女性だけでなく男性も関心を持っているのがメイクアップアーティストではないでしょうか?
雑誌などをみると、たくさんのメイクアップアーティストが活躍しています。
また自分の本を出版したり、と本当に幅広い活躍をしているのがメイクアップアーティストです。

スポンサーリンク

メイクのプロ

メイクアップアーティストの仕事としては専門的な技術を使うメイクのプロフェッショナルになります。
お化粧はその場の用途にあった、お化粧法であるので、様々な技術が必要になります。
例えばお見合い写真用のお化粧であったり
雑誌のモデル用の特殊なお化粧であったり
結婚式用
舞台用のメイクなど様々な技術が必要になるのです。
また、最近ではアザや傷跡などを目立たなくするような技術を持ったメイクアップアーティストもいるようで、仕事内容は本当に多岐にわたっていると言えると思います。
また、仕事としては依頼人の希望や要望を感じ取りしっかりとそれを実現できることが必要になっているのがメイクアップアーティストです。
また、お客さんのメイクの悩みや顔のウィークポイントなどをカバーする方法を伝えたりするのも一つの手だと思います。

美容師の資格を持つ人が多い

実際にメイクアップアーティストになるためには、どのようなことをしたら良いのでしょうか?
実際には明確な資格などはありませんが、一般的には美容師の資格を持っている人が多いようです。
また最近ではIBF国際メイクアップアーティスト認定試験、という国際ライセンスも誕生しているので、もちろん、それを取得することは必要になるでしょう。

美容専門学校などで学ぶのが一般的

一般的にメイクアップアーティストになるには専門的な美容専門学校に入学することが一般的です。
学校にてメイクの基本やノウハウ、そして応用について学ぶことが必要になります。
しかし、本格的な資格がなくても活躍している人はとても多いので、独学で学ぶこともできると思います。
その場合はやはり就職口などが見つからないこともあるので、プロで活躍している人の弟子になることも考えられるでしょう。
またはテレビ関係の人に頼んで就職口を見つけてもらうのも一つの手だと思います。
お化粧品の専門のデパートの化粧品売り場で仕事をしながら、いろいろな人のお化粧のアドバイスをすることで学ぶ事も多いと思います。
または、美容院などに就職をしても成人式やヘアセットなどの時に仕事が発生すると思います。
しっかりと実力をつければフリーでの仕事も可能だと思います。

コミュニケーション能力も重要

また、実際にお化粧の腕だけが良くでも難しいのがこの仕事です。
やはり相手は人間だからこそ、しっかりとコミュニケーションをとることが出来る人であることは最低条件だと思います。
また、実際に仕事をするうえで、自分自身の個性なども実に必要になってくるので、この仕事に就きたいのであれば、自分がどのようなものが好きなのか?どのようかお化粧が好きなのか?得意なのか?をしっかりと見極めておくことも重要だと思います。

スポンサーリンク

知っておきたい!メイクの裏技・便利技まとめ23個

2013-02-25再編集
2014-07-03再々編集

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする