Webデザイナーになるにはどうすれば?

この記事の所要時間: 221

Webデザイナーという職種をよく、耳にしたり、転職サイトで見たりすることがあると思います。
実際にどのよな仕事なのでしょうか?

スポンサーリンク

Webデザイナーという仕事は一般的にウェブのデザインを担当する人のことです。
情報を単純に流すだけではなくて、いかに情報をしっかりとわかりやすく提供をできるように画面上の構成を考えたりする人のことです。
実際に企業は自社のウェブのデザインにとても気を使っているのです。
例えば、ゴチャゴチャと見難いサイトととてもすっきりしていて情報がアッサリ取り出せるような見やすいサイトでは売り上げや集客がまったく変わっていくんだそうです。
だからこそ、お客さんにとって「見やすいサイト」をデザイナーが作り上げることはとても重要なのです。

ウェブデザイナーとして必要なことは、もちろん、色彩感覚やデザイン力などもありますが、それだけではなくてクライアントの思いや希望をしっかりと聞き取り、それをデザイン上にて表現できるようにできることがとても重要なのです。
しっかりとクライアントから意向を聞きだしたり、コミュニケーションをとるためのコミュニケーション能力はとても重要です。
また、漠然としたクライアントの思いや希望を形にしていくような、話をまとめたり、考えをまとめる力もとても重要になります。

しかし、実際にはサイトを立ち上げるためには他にもHTMLのコードを書く人や文章を書く人など様々な仕事が必要となりますが
ウェブデザイナーが他の作業を兼任することもあるので、複数の仕事が一人でできるほうがウェブ業界で重宝されることでしょう。

仕事はやはり単純に納期に関係しているので、納期までは忙しく、ひとつの仕事が終わったらまとめて休みを取ったり、という風に人それぞれで休みをとっているようです。
忙しい時期には徹夜したり、会社に泊まることもあるので、ある程度状況に対しての順応性がある人が良いでしょう。
絶対に週2で休みが欲しい、という方には向かない職種だと思います。

実際にウェブデザイナーになるにはデザイン系の学校で基本を学び
次に会社に入社して、仕事をするのが一般的です。
まれに独学で学び、フリーとして活躍する方もいるようです。

また、アドビ系のソフトは確実に使いこなせる必要があるので、しっかりとマスターしておくことが大切です。
「実はできません」では仕事にならないので、最低限、アドビ系は抑えておきたいものです。

年収などはその人の出来高の場合もあるので、一概にはいえませんが、一般的にデザイン会社に就職した場合には年収は400万円前後になるようです。

ウェブデザイナーとしてスキルアップするための20のメソッド

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする