エンジニアの転職?キャリアを重ねて高待遇を得る

この記事の所要時間: 223

エンジニアと呼ばれるソフトウェアのプログラムの構築をする仕事がありますね。
このエンジニアたちが転職を考えるタイミングはどのような時なのでしょうか?

それはやはり現時点での仕事の内容で培ったスキルをもってもっと大きな仕事がしたくなった、という時が多いようです。
または、せっかく技術力が高くなったのに 現在の会社ではなかなか評価されずに悔しい思いをしているので、ここは一気に新しい職場で自分の技術で勝負したい、と思っている人が多いかもしれません。
やはり自分の実力がアップした時に転職を考える人が圧倒的のようです。

しかし、実際にエンジニアが転職するにはどうしたらいいのでしょうか?
実際に転職先が決まらない場合はどうしたらいいのでしょうか?
実は多くのエンジニアが転職を希望しているのに、なかなかいい転職先がなく 結局元のさやに戻った、ということがあるのです。
その理由は 新卒者が殺到するような大手の企業などへの転職を希望するからです。
実際のところ、新卒者が殺到するような場合の企業は中途採用をなかなか受け付けていないか、受け付けていても、結局はコネや社員による引き抜きなどにより
内々に決まってしまうことがあるのです。

なので、本当に大手に転職を希望するのであれば、かなり努力をして 相当な技術力を持っているか、または強力なコネがないと難しいかもしれません。
しかし本当にこれだけなのでしょうか?

そのような環境の中でもしっかりと良い転職先を見つけている人がいるのはどうしてでしょうか?

それは技術力と同じくらい周囲とのコミュニケーション能力の高さを必要とされているからです。
しかし、そのことではなく自分の技術力のアピールだけに追われてしまう受験生がとても多いのです。

エンジニアの仕事は個別に行われることが多いですが 実際にはそれだけはなく
沢山のエンジニアの力によって一つのものが仕上がるのです。
なんのでほかの人たちとのコミュニケーション能力の高さは とても仕事をする上で重要なのです。
またはほかの社員たちとも上手にやり取りをする必要があるからこそ、この能力の高い人は 技術力だけではなく採用される可能性があるのです。

どうしてもエンジニアは自分の仕事に没頭することがあるために、なかなか周囲とのコミュニケーションをとらない人がいるのです。
しかし、それでは仕事を実際にしていくうえで かなり不都合が生じることがあるのです。
だからこそ、転職時には自分のコミュニケーション能力の高さをアピールすることで転職が決まりやすいこともあるようです。

2013-04-19再編集

スポンサーリンク

尊重されたいすべてのソフトウェアエンジニアへ
僕がソフトウェア開発を勉強し始めて3年間でやったこと

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする