XMLマスターになるにはどうすれば?

この記事の所要時間: 326

XMLマスターとは何なのか?と言いますとXMLのスキルを持つ技術者を育成することを目標にした制度であります。
これを持っていればIT関係の資格につけるといってもいいでしょう。2001年に発足しており、今まで1万8千人以上の取得者を出している

XMLマスターの種類って何があるの?

XMLマスターにも種類というのがあります。まず、その一つ目がXMLマスターのベーシックというものです。
そして、もう一つがXMLマスターのプロフェッショナルというものです。

スポンサーリンク

ベーシックはどんなことを学ぶの?

ベージっくとは、XMLまたはそれに関連する技術せある基礎をしっかりと理解して、さらにそれを業務に活用できるのか?仕事ができるのか?というのを認めてもらうためです。
そしてその技術力が認めてもらえれば認定されるというものであります。

プロフェッショナルとはどんなことでもらえるのか?

プロフェッショナルの方は、各職種の専門分野を学び、そして高度な技術を認定するものであります。
アプリケーション開発です。XMLのデーター処理をおこなうことができるアプリケーションの開発またはシステムの構築ができるプロフェッショナルと認定されるのが
このアプリケーション開発です。
ただ2007年までに、プロフェッショナルを持っている方は、これの保持者となっているみたいです。
もう一つが、XMLマスターのデーターベースです。
データなどをRDB、またはデータベースに格納、操作、管理が行える人は、このプロとして認定されますよ。

これが、XMLマスターと言われているものであります。言葉だけで言えば、凄く簡単そうに見えるかもしれませんが、そんなことはありません。非常に難しい試験となっていますので、逆を言えば、これのプロフェッショナルを取ることができれば……就職には問題ないと言えるでしょう。もちろんパソコン関係やIT関係の仕事の話ですけどね。

独学は難しい?

独学は難しいのか?と言いますと、確かに独学は難しいかもしれませんね。なぜなら……専門用語なども出てきますので、それを理解できているのであれば、別に独学でも問題ないかもしれませんが「僕初心者だけど、なんとかやってみよう!」という人が独学でやったとしても、まず無理であるということがわかります。やはり大切なのは、いかに効率よくできるかですので、通信講座などで、どこを中心に勉強すればいいかなどを学ぶといいかもしれません。その上で、時間が余ったのであれば……別の勉強をしてもいいかもしれませんね。

なれると楽しい?

この資格は確かに取るのはしんどいですが、なれると楽しいですよ。なぜなら、色々といじることができるからです。ITをいじることができるのであれば、色々と楽しいことができます。ヘタをすれば、会社を起こせる可能性だってあるわけですし、これを専門にほかの人に教えることだってできるわけです。だから、なれると「自分ってすごいかも!」と思います。もちろん、慢心はいけませんが、自慢できる資格ということはわかると思います。

参考書などはあるのか?

もちろん、参考書などはありますよ。そこから勉強する人もいるでしょう。しかし、やるにはやっぱりスクールで学んだほうがいいかもしれませんね。わからないことがあれば、すぐに質問することができますし、何より、どこを中心に学べばいいのか!?というのがわかりますので、もし、興味があるのでしたら、スクール講座などを考えてみるといいかもしれません。

ベーシックでも大丈夫?

ベーシックでも大丈夫ですよ。もちろん、幅は少し狭くなるかもしれませんが、基本操作ができる方!などと書いていれば、ベーシックでも十分なアピールとなるといってもいいでしょう。

とって損のない資格となっておりますので、もし興味がある方はぜひ考えてみてくださいね。きっとあなたの役に立つこと間違いなしです。

XMLマスター資格をとって頑張ってみてはどうでしょうか?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする