Linux認定資格の取得と難易度や将来性

この記事の所要時間: 324

c405a_s

Linuxプロフェッショナル認定資格とは、特定非営利活動法人である「LPI」が実施しているものであるます。
Linuxの技術者認定試験であるといったら簡単かもしれませんね。最近では、この資格がよく出てきます。
やはり、それだけ注目を浴びているといってもいいかもしれませんね。

スポンサーリンク

受験資格などはあるのか?

まず、受験資格としては、年齢の制限はありません。18歳でも取れますし、80歳でも取れます。
そして、保育士などになりますと、専門学校卒業しないとダメ!とかいうのがありますが、この資格には学歴というのは一切関係ありませんので安心して勉強してくださいね。

試験の内容ってどんなのがあるの?

試験の内容としましては、レベル1の基礎、レベル2の中級、レベル3上級があります。
これによって難しさが全然違うので、どのような勉強をすればいいかわかると思いますよ。
レベル1は実務で必要である、基本操作、さrないはシステム管理が行える!と認められるとエンジニアとして認定されます。
いわゆる、最初に必要な、構築、さらには運用、保守といった基本的な操作ができれば、レベル1はクリアと言えるでしょう。

レベル2はシステムデザイン、さらにはネットワークの構築が行えるレベルとなります。企画、導入、トラブルシューティング、維持ができることを証明する資格となります。

レベル3は混合環境、さらには高負荷に耐えることができる大規模なシステム構築ができるレベルの高い技術者として認定される資格となっています。
仮想化システムなどもできることが認定されます。
これがレベル別となっており、だいたいレベル2ぐらいまで持っていれば、就職に有利であり、レベル3をもっていれば、どこでも雇ってくれるかもしれませんね。
そういうところに行けば。

将来性としてはどうなのか?

将来性としましては、民間企業などに、浸透するのは確実と言われていますので、ニーズが広がっていきます。
仕事は多いのですが、現在では人材が不足していますので、就職、さらには転職に有利な資格であり昇進や昇給などにも役に立ちます。
さすがにいきなり上級を受ける人はいないと思いますが、いきなり上級を受けることはたぶんほとんど無理でしょう。やはり基礎から徐々にレベルをあげていかないと、このようなタイプの資格はまず取れないと思っていたほうがいいかもしれません。それだけ、上級者レベルになりますと、非常に難しくなるからです。

パソコンとかあまり使えないけど、それでもできる?

パソコン初心者であっても、大丈夫です。もちろん、そのままで大丈夫という意味ではなくて、しっかりと勉強すればOKです。独学などは難しいかもしれませんが……、通信講座などをしっかりと受ける事ができれば、合格することは間違いないでしょう。初級程度でしたら、そこまで頑張らなくてもいいかもしれませんね。必要なことは適当にやっていれば結構学べることもありますからね。ただ、中級になりますと、さすがに難しいので、そこからしっかりと学ぶといいでしょう。

スクールはあるのか?

中にはスクールで学ぶということもありますので、それを選ぶのもいいかもしれませんね。スクールで学び、頑張っていくのもいいかもしれませんね。そうすれば、先生にすぐ質問することができますので、興味がある方はぜひやってみてはどうでしょうか?

役に立つ資格ですので、とっておいて損はないと思ってください。初級でも、とっておけば、なんかの役に立ちます。また中には「初級を持っていればOK。そこから徐々に頑張ってもらいますね」というところもありますので、初級をもって就職活動をして、そこから中級などのレベルアップしていけばいいかもしれませんね。

お金はそれなりにしますので、しっかりと予算などを考えて勉強してみてください。独学では無理かもしれませんが、独学で取れないわけではないので、頑張るのもいいかもです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする