行政書士の仕事と給与、独立への道

この記事の所要時間: 320

a0003_001833

色々な資格の専門職があります。その中でも人気が高くなっているのが行政書士です。行政書士資格については、ある人気漫画がドラマ化されたこともあり大変な人気となっています。試験範囲も広大で、内容もとても難しくなっている行政書士。今回は、この行政書士資格についてご紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

行政書士っていったい何?

行政書士という言葉は効くけど、結局のところどういった仕事をしているのかよくわからない、そういった人も多いのではないでしょうか?一般的に行政書士事務所に勤めていることが多く、そこではデスクワークを中心とした仕事をしています。行政書士の主な使徒とは、書類の作成です。これだけ聞くととっても簡単に聞こえますが、実はかなり大変になります。その理由は、行政書士が準備する書類は、営業所の許可申請、各種法律関連書類の作成など重大な書類になることが多いからです。ちょっとしたミスにより、クライアントに大きな迷惑をかけてしまうこともありますので、責任重大の仕事と言えるでしょう。

行政書士になるには

行政書士になるために、法学部系の大学に進む人も多くなっています。行政書士試験の内容は、法律に関することがほとんどになりますので、こういった学部で専門的に勉強される方が多くなっています。行政書士の資格を取るための専門学校も多く、通信教育なども人気になっています。もちろん、独学で行政書士の勉強をすることもできます。あなたの用途に合わせて、こういった資格取得を考えていきましょう。

行政書士の職場について

行政書士の職場のほとんどが行政書士事務所になります。中には、会社に勤務している行政書士もいます。こういった場合、法務部などに配属されることが多くなっているようです。事務所によって、勤務時間や給料なども大きく異なります。行政書士専門の就職サイトも準備されていますので、資格を取得した人はこういったサイトを参考にされてみるのもいいでしょう。行政書士の資格取得をしなくても、行政書士の業務を行うことができます。

行政書士の補助者とは?

行政書士は国家資格です。もちろん、資格を持っていないとできない仕事もありますが、行政書士事務所で補助者として働くことで、行政書士業務を行うこともできます。補助者は、その名の通り、行政書士の業務を補助する人のことを言います。補助と言っても多くの仕事を抱えることにもなりますので、そういったことを考えるとオススメかもしれません。資格があるとないとでは、就職や給料も大きく異なりますので、補助者として働きながら行政書士の勉強をしている人も多くなっています。

行政書士の給料について

行政書士の給料は一般的には初任給で20万円程度と言われています。ただし、最近は資格を取得する人も多く、独立起業する人も増えていますので、業界で競争が激しくなっているといったこともあります。競争が激しくなると、行政書士のサービス価格が下落し、それが給料の減額につながることも考えられます。大手の行政書士事務所などもあり、そういったところになると待遇も安定しているようです。

行政書士で独立!

行政書士の資格は、独立開業しやすい資格とも言えます。実際に、数年間行政書士事務所で働いて、自分で事務所を構える人も多くなっています。行政書士の扱える書類の内容は実に10000種類を超えます。この中から、自分が得意とするジャンルを限定して仕事を擦る行政書士も増えています。あなたも行政書士として独立するつもりがあるなら、こういったことを参考にされてみてください。

このように、行政書士にはいろいろなポイントがあります。あなたが行政書士として働きたいと思っているなら、しっかりと情報を調べてから働くようにしてください。資格試験も難関となっているので、早めからしっかりと対策をすることをオススメします。人気の資格、行政書士を取りましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする