地方公務員上級国家三種とは

この記事の所要時間: 323

266_original

いつの時代も人気になっている公務員資格。この公務員の資格にはたくさんの種類があります。基本的に国家公務員、地方初級、中級、上級といった種類があります。それぞれの種類についてご紹介していきたいと思います。公務員になりたいと思っている人は是非参考にされてみてください。

スポンサーリンク

もっとも難しい国家公務員

公務員試験の中で最も難関となっているのが、国家公務員です。この資格を取ると一生安泰といったことを言うこともできるかも知れません。業種や年数にもよりますが、年収も1000万円を超えている人も多くなっています。こういったこともあり、国家公務員になろうという人は多くなっています。国家公務員になりたい人は、四年制大学の卒業、さらに、年齢制限などがかかることもあります。基本的にキャリアを積むことができるので、転勤も多くなります。これには、地域との癒着を防ぐといった理由もあります。

地域に貢献する地方公務員

国家公務員よりも試験が簡単なのが、地方公務員です。これは、地方公共団体でそれぞれの業務を行う公務員のことを指します。地域に密着している分、転職がないことが多くなっています。業種によっては、簡単な転勤を伴う場合もあります。地方公務員には、初級、中級、上級の三種類があります。

高卒程度の知識が問われる地方初級職

地方公務員の中でも、高卒程度の知識で受験することができるのが、地方公務員の初級資格です。公務員の中では一番待遇が低いと言えますが、それでもある程度年数を過ごすと一般のサラリーマンクラスの収入になります。さらに、給料に加えて、福利厚生がとてもよくなります。

短大卒程度の知識が問われる地方中級試験

短大卒程度の知識が問われるのが地方中級試験です。初級よりも初任給も高く、出世のコースも多くなります。短大卒程度の知識が問われます。中には、公務員試験専門学校に通って対策をされる方も多くなっています。

地方職で最も難しい上級職

地方公務員の中でもっとも難易度が高くなっているのが、地方上級の試験です。これは地方公共団体の中でも出世コースが約束された職になります。その分求人数も少なくなり、倍率が高くなるといった特徴があります。

専門職の公務員

公務員の中には、専門職がいます。例えば、警察、消防士、保健師などの分野です。特定の資格がないと、こういった専門職の職場で働くことができないといったケースも多くなっています。こういった専門職の公務員として働く人も多くなっています。その為に、資格取得を考えている人も多いようです。

公務員の強み

公務員の強みは一般企業と違いリストラの恐れがないといったことです。もちろん違法行為などを行うと解雇されることはありますが、基本的にリストラの心配はありません。これが、公務員が安泰と言われる所以です。こういったことを考えると、公務員の人気が高い理由も納得できます。さらに、最近は不況の時代になっていますので、こういった公務員の人気が急上昇しています。

公務員の福利厚生がいい理由

基本的に公務員の福利厚生は一般企業よりも高くなっています。これには、保険や年金の種類が関係しています。公務員になると、共済年金と呼ばれる年金が適用されます。自営業者が加入する国民年金、会社員が加入する厚生年金よりも返金率が高くなります。さらに、育休などの取得も取りやすくなっており、育休の際の給料保証も手厚くなっています。

このように地方上級試験にも色々な種類があります。公務員になりたい人は早めの試験対策はもちろん、通信教育や資格専門学校などに通って対策をするのもいいでしょう。資格専門学校に行くことにより、資格取得の可能性がかなり高くなります。もし、あなたが公務員試験の取得を考えているなら、こういった試験対策をするようにしましょう。そうすることでより効率的な勉強をすることができます。特に上級のように出題範囲が広いところはオススメです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする