行政書士の仕事内容や待遇

この記事の所要時間: 326

a0003_001875

行政書士とは

行政書士は、営業所の営業許可の手続き、飲食店などの開業手続、内容証明郵便の作成、相続手続きなどに必要な資料を作成する法律の専門家になります。
依頼者に変わり様々な書類を作成することから、通称「代書屋」といった風にも呼ばれています。

上記に掲げた資料はほんの一部で、行政書士が扱える書類の数は優に10000を超えます。
行政書士によって、作る書類の得意不得意などがあるようです。行政書士の勤めている行政書士事務所でも、車関係、不動産関係、飲食店関係など、業種を絞って資料の作成を行っているようです。

行政書士の業務は、行政書士の資格を持っていなくても行政書士の補助者として業務にあたることができます。しかし、行政書士の資格を持っているといないでは、就職先、待遇の面で大きく変わってくるため、補助者をしながら行政書士の資格取得を狙っている人も多いようです。

スポンサーリンク

行政書士の勤務先

行政書士は全国にある行政書士事務所に勤務しています。資格を取れば、比較的独立もしやすい業種になりますので、一人で独立して行政書士業務を行っている人もいるようです。
行政書士の仕事も、事務所が営業をしないと新しい仕事が獲得できません。いくら放れ率の専門職と言っても、事業所や会社にあいさつ回りに行って、顧客を獲得する努力をしないと事務所はつぶれてしまいます。

全国に事務所を持つ大手と呼ばれる行政書士事務所もありますし、複数人の行政書士で運営している行政書士事務所もあります。

行政書士の仕事内容

行政書士の仕事内容のメインは各種資料の作成です。依頼主にとっては非常に重要な書類を作成することにもなりますので、仕事に対して正確性は非常に重要ということができるでしょう。

行政書士は、依頼主から依頼が来ると締切期限までに所定の書類を作り上げます。その書類を依頼主に変わって役所に提出することが主な仕事内容となります。

依頼主からの依頼も業界によって様々なので、自らその業界のことを積極的に学ぶ姿勢が必要になります。取り扱う書類の数も種類も非常に多いのが行政書士の特徴です。

行政書士の待遇

法律の専門職というと給料が高いイメージがあるかもしれませんが、すべての行政書士が高給取りといったわけではありません。
行政書士をモチーフにしたテレビドラマが放映されて以来、行政書士の資格取得をする人数が年々増えています。そのため、就職活動も難しくなってきており、採用されても始めは安い給料からのスタートになる場合も多いようです。

もちろん、仕事の案件数の多い行政書士事務所になると待遇も良くなります。その分、仕事は激務になることが予想されます。行政書士の仕事は基本的に平日に行われます。
これは、役所が開いている時間が平日のみということにも関係しています。依頼内容によっては、土日や祝日であっても依頼主と打ち合わせをすることも多いようです。

行政書士も年数を重ねてそれなりの役職に付けば年収1000万円を超えるような人もいます。独立している人でも、成功している人になると給料も高くなるようです。アルバイト、パートで働いている行政書士もいます。

行政書士の適性

行政書士は一度にたくさんの案件抱えることが多くなります。すべての書類に提出期限があるため、事務処理が早い人は行政書士に向いているということができます。
特に、仕事の正確性に関しては非常に重視される職業ということができるでしょう。依頼主が飲食店をオープンしたくても、行政書士が作成、提出した書類にミスがあると予定通りに店をオープンできなくなるようなこともあります。
確実に、しかしスピードも持って業務にあたる必要があります。

行政書士法の改正により、簡易な民事紛争に関して行政書士も関わることができるようになってきました。
そういった面を考えると、法律についてしっかりと勉強することができる忍耐強さと、紛争を仲裁する高いコミュニケーション能力も必要とされます。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする