臨床検査技師の就職・転職

この記事の所要時間: 333

臨床検査技師は、臨床検査といって、患者の検査を行う技術者です。
心電図検査や超音波検査など、高度に機械化された生理機能検査を行い、検査法と病理への適切な知識を持った人材として、求められています。主に、輸血検査や病理検査を担当します。
チーム医療の考え方の普及により、より注目され、業務内容は拡大しています。患者へ検査内容の説明、糖尿病の静養指導、院内感染対策、栄養サポートなど、様々な業務を行います。

医療現場の機械化の影響で、人員削減の流れがありますが、逆に、機械化の進行は、こうした機械を操作する、臨床検査技師の需要を高めています。ただし、検査職の人員を増やしたがらない医療機関があるので、人手不足も問題となっています。
また医師のような、インターン制度はありません。そのため、就職先で数年かけて、一人前にならねばなりません。しかし、現場では即戦力を求めることから、そのギャップが問題となっています。

スポンサーリンク

適性

臨床検査技師の適性として、検査機器のデータを、医学的知識に基づく、客観的な根拠により読み取ります。そのため、高度な知識と、分析力が必要です。
また、患者の生命に関わる情報を伝えるのですから、思いやりが求められます。
科学的な態度と、人間性は、この臨床検査技師にかかわらず、医療に関わる人には、必須の適性です。
チーム医療の一翼を担うポジションですので、協調性も、重要です。

検査では、高度な機械を扱い、用途ごとに細分化されていますので、それらを扱えるように、メカには強いほうが、仕事の効率もよいでしょう。

なり方・キャリアパス

臨床検査技師になるには、まずは臨床検査技師試験に合格することが必要です。そのためには、受験資格を満たすため、各種教育機関で、必要な学科を履修しなければなりません。
そのため、高校生の時点から、先を見据えた進路選択が、必要となります。

就職先としては、比較的安定していると、言われています。結婚による女性の離職率も低く、女性向けの仕事とも言えます。
また、医療機関に就職する以外にも、治験関連企業や、生物化学系の企業で研究職に就いたり、知識を追加してMR(医療情報担当者)になったり、衛生関連の公務員になったりと、他の医療職に比べると、格段に幅広い選択肢があります。
新卒で就職できなかったものが、非正規で就職しながら、認定資格を取り、転職する、というルートを取ることもあります。

国境なき医師団の参加資格でもあるので、世界で活躍する場も、得られるかもしれません。

今後、団塊世代の大量退職が予想され、求人の増加が、予想されています。

主な資格

臨床検査技師になるために、必要な資格を、ご紹介します。

臨床検査技師
臨床検査技師等に関する法律に基づく、国家資格です。
受験資格は、臨床検査に関わる3年制短大、または3年制・4年制の夜間部の専門学校、または4年制の臨床検査技術科や、医療衛生学部や、保健学部などの大学を、卒業することです。
また、薬学部、獣医学部、理学部で、一定の科目を履修した者、医学部、歯学部の卒業者や、医師免許、歯科医師免許取得者にも、受験資格があります。ただし、合格率は、高くありません。

認定資格
臨床検査技師には、様々な認定資格があり、どれも難関となっています。ここでは、主だったものだけを、掲載します。学会の認定資格なので、法的な規定ではないのですが、担当分野によっては、これらの資格がなければ、業務につけないことがあります。

1級・2級臨床検査士
臨床検査技師の上級資格となっています。経験と高度な知識を証明するもので、特に1級は非常に難関となっています。

細胞検査士国際細胞検査士
細胞診スクリーニングを行うことができます。この資格がなければ、この業務にはつき難くなっています。1年以上の実務経験が必要です。

超音波検査士
超音波検査に関する、筆記試験。対象臓器ごとに、細分化されています。

緊急臨床検査士
生化学検査や血液検査、微生物検査、輸血検査などに、幅広い知識が必要です。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする