薬剤師の転職とその仕事内容

この記事の所要時間: 336

皆さんは薬剤師と聞いて、どのような人が仕事をしていると思い浮かべるでしょうか。
きっと、薬局などで薬を窓口で渡してくれる白衣の人や、ドラッグストアで薬についての質問に答えてくれたりするスタッフを思い浮かべるのではないでしょうか。

a1180_003074

しかし、実際はそれだけではありません。
薬剤師には様々な就職先があるのです。

スポンサーリンク

主な仕事内容

代表的なのは「薬局」勤務。
ここでは医師から出された処方箋の通りに薬剤師が調剤を行います。
また、薬局薬剤師は患者さんたちと実際に話し、薬の飲み方や副作用などについての説明をする服薬指導もこなさなければいけません。

外から見える仕事はそれくらいですが、窓口の奥で行われている仕事は他にもたくさんあります。このような薬局での従事者は、薬剤師の中でももっとも多いようです。よって、求人の中でも、薬局勤務が必然的に多くなってきます。

薬局以外で働く薬剤師

薬剤師は薬局の他にもドラッグストアや病院、製薬会社、新薬の調査期間であるCROなどの多数の勤務先があります。
CROとは、医薬品開発業務受託機関のことで、主な業務内容は、新薬の基礎研究、非臨床試験や、臨床試験、いわゆる治験に関する事柄です。

このように、薬剤師という職務は、勤務先によって年収も勤務条件も変わってきます。もし薬剤師として就職や転職を考えている場合には、自分の希望の条件とよく照らし合わせて決める必要があるようです。
例えば、病棟勤務では、夜勤が発生する可能性があります。自分の生活スタイルとして、会社員のように規則正しい勤務スタイルを実現したい場合には、製薬会社を選ぶのが良いでしょう。

また、病院勤務では、医師や看護師と連携を取って職務を行う必要があるので、チームワークやコミュニケーション能力も求められます。このことからも、転職の際には、自分の適性もきちんと考慮に入れなくてはならないことが分かります。

薬剤師が抱える悩みとは

近年、薬剤師の転職は年々増えていると言います。その背景には、薬剤師の勤務条件が厳しいことが挙げられるでしょう。

夜勤や残業が続き、精神的にも肉体的にもきつくなり、日常業務に支障をきたしてしまいます。
ウエイトレスが注文を誤って受けることとはわけが違いますから、即刻医療ミスという非常事態になってしまうのです。

このことからも、薬剤師としての職務は日常生活までも重要であることが分かります。つまり、勤務シフトがかなり職務に響くのです。
多くの薬剤師は、このような問題を解決すべく、また、医療ミスなどのリスクを回避すべく、転職を志すようです。

薬剤師の求人探しの方法

薬剤師が転職を志す場合、どのような方法が考えられるでしょうか。

もっとも一般的なのは、求人サイトやハローワークで求人探しをする方法でしょう。
しかし、これらの求人媒体においては、なかなか理想の求人にめぐり合うことは困難です。
もし好条件の求人にめぐり会えたとしても、すでに応募が殺到している可能性が高いと言えます。

薬剤師の転職は、転職サイトに登録し、転職エージェントに非公開求人を出してもらうのが良いでしょう。そのほかにも、病院や薬局のコネクションを利用し、どこか良い転職先を紹介してもらう手も確実です。

いずれにしても、転職をする際には、条件などの交渉を行う必要があります。それを怠ってしまうと、自分の理想の転職が実現しません。

薬剤師の転職成功例

薬剤師の職場をうつり、年収700万を達成できたという話も聞きます。また、勤務条件が良くなって、夜勤が減ったり、勤務シフトも思うようなものになったりする成功例もあります。
特に難しいと思われる就業場所の変更も、「転職して良くなった」という声は多数あるようです。
製薬会社のMRから、調剤薬局への転職に成功したという例があります。
このように転職を成功させるには、まずは自分の希望の勤務条件を明確にすることが大事でしょう。また、先ほども例にあげたように、転職エージェントや、医療関係者から情報を多数聞き出すことが必要です。特に、異なる職場を希望している場合には注意が必要になってきます。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする