看護師が転職サービスを利用して転職するまでの流れ

この記事の所要時間: 327

最近、転職サービスを利用して転職を成功させる看護師がかなり増えています。わたしも利用しようかな・・・と思っているような方は、かなり多いのではないでしょうか。しかし、サイトによっては説明がほとんどないようなところも多く、利用方法や具体的な場面が想像できない場合もあります。

310_original01

ここでは、転職サービスを利用して転職に成功するまでの流れを具体的に説明していきます。是非、「イメージ作り」に役立ててください。利用のポイントなども合せて紹介します。

※ここで紹介することは、あくまで一般的な転職サービスの利用方法です。各サービスによって詳細は異なりますので、直接確かめるようにしましょう。

スポンサーリンク

まずは登録

転職サービスを利用するためには、登録をしなければなりません。登録しなくても、案件をみることができたり、情報を得ることができたりする場合もありますが、やはり登録した場合と比べて得られる情報量が全く違います。そもそも応募なども、登録をしないとできないようになっていることがほとんどです。

登録にあたってお金が発生することはありません。転職サービスは、どれだけ利用しても、結局そこを使わずに転職してしまったとしても、一切費用は発生しません。何個サービスに登録しても無料。どうせですから、最初に数個のサイトに登録をしておくといいでしょう。
名前や住所など書かなければならない情報を、一旦パソコンのメモ帳に控えます。あとは、それをコピー&ペーストしていくだけ。まとめて登録を行った方が時間と手間が省けるのです。

コンサルタントと会話

登録を済ませると、専属の転職コンサルタントがつきます。サービスによっては、専属の人が何人もコロコロと変わる場合があります。そのようなサービスはあまり「良い」ものとはいえません。引継ぎの段階で、齟齬が起こることもありますし、こちら側としても何度も違う人と話をしなければならないからです。「専属・専任」なのかどうか、ということをしっかりと確認したうえで、話を進めていくようにしましょう。
コンサルタントから連絡があったからといって、希望の職場などを伝えなければならないとは限りません。「今の職場に不満があって・・・転職も考えている。」という程度の相談でも十分応じてくれます。この段階から、看護師を捕まえておいた方が、会社全体の利益になるからです。儲けの可能性があるからこそ、きちんとサポートをしてくれます。無料で、相談だけするなんてちょっと気が引ける・・・なんて心配に思う必要はありません。

希望を伝え、それに沿った案件を紹介してもらう

転職を考えている場合には、自分が希望する案件・条件を伝えます。この段階で、どのような働き方がいいのか・自分の特長ってなんだろう・・・などの悩みがある場合には、是非相談に乗ってもらって解決しましょう。あなた自身には発見できないような・・・思いもしないような収穫があるかもしれません。
その後、希望に応じた求人の案件を紹介してもらえます。何千・何万という案件の中からコンサルタントが案件を選び出してくれます。案件探しの手間が省けるのが魅力的ですね。だいたいの場合には、1件だけではなく複数の案件を紹介してくれます。このとき、あまり選択肢がないような薦め方をしてきたり、希望に応じた案件を紹介してくれないような場合には、利用を断り、他のサービス利用を検討しましょう。サービスは数多くあるのですから、当然当たりはずれもあります。商売をしている以上は、よりよいサービスを提供しなければ負けていくのはしょうがないでしょう。

面接・条件の交渉

案件に目星をつけた後は、面接の日取りを決めたり、条件を交渉したりして具体的に転職手続を進めていきます。コンサルタントは、面接に同行してくれる場合もありますし、条件の交渉を自分の代わりに行ってくれたりもします。
その他、履歴書作成のアドバイスなど、面倒なことは全て相談・代行してもらうことが可能です。

どうでしょうか。だいたいの流れはイメージできましたか?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする