心理カウンセラーになるための資格と仕事

この記事の所要時間: 329

人に役立つ仕事として、心理カウンセラーが注目されています。
心理カウンセラーとなってお仕事をするためには資格が必要ですが、どこでどうやって資格を取得すればいいのかは、意外と知られていません。
ここでは、心理カウンセラーという職種に興味がある人のために、その資格の取得方法や仕事の種類をご紹介いたします。

IMG_5987

心理カウンセラーとは?

心理カウンセラーとは、心の悩みを持つ人をサポートする仕事です。
精神科医ではありませんので、薬を処方するというような医療行為はできません。
ですが、精神科医よりもフランクに相談できるという理由で、利用する人が多いのも特徴です。
現在、わが国では残念なことに、精神的な問題を苦に自殺する人が後をたちません。
心理カウンセラーの需要が増えてきているのは、そうした社会的な背景とも深く関係があります。
人と人が擦れ合う社会の場において、心理カウンセラーの活躍は期待されています。

スポンサーリンク

心理カウンセラーになるためにはどうすればいいのか

心理カウンセラーになるには、人の心のはたらきを学ぶ心理学の勉強が不可欠となります。
正しく心理学を学ぶことで、人の悩みにはたらきかけるカウンセリングの技術が得られるのです。
心理カウンセラーとなるために、絶対に取得しなければならない資格というものはありませんが、どういったカウンセラーになるかによっては、資格が必要なものもあります。
たとえばスクールカウンセラーになるのであれば、臨床心理士の資格が必要となります。
それでも、この臨床心理士の資格は民間資格であり、国家資格ではありません。
大学や専門学校で、体系的に心理学を学ぶ人もいれば、民間企業が主宰する通信講座や独学で資格を取得する人など、そのなり方は広くさまざまであるといえるでしょう。

心理カウンセラーが活躍できる職場

心理カウンセラーは、実にさまざまな場所で活躍しています。
学校ではスクールカウンセラーが、子どもたちの悩みをカウンセリングによってサポートしています。
また、育児で悩む親御さんの相談を受けることも、スクールカウンセラーの大事な仕事のひとつです。
最近では、一般企業で活躍する心理カウンセラーも多くなってきているようです。
こうした企業ではたらく心理カウンセラーの仕事は、労働者たちの職場の人間関係や仕事に行き詰まったときの悩みを伺い、そうした状況が改善するよう適切なアドバイスを行うことです。
病院や診療所では、患者さんの悩みや介護者の悩みを聞くことでサポートしています。
人の生活があるところには、その数だけの悩みがあると考えていいでしょう。
悩んでいる人があれば、どこでも心理カウンセラーは役に立てる仕事なのです。

心理カウンセラーの求人と給料の傾向

心理カウンセラーの求人募集は、インターネットや求人情報誌などで探すことができます。
主な求人先としては、病院や診療所などの医療機関が挙げられます。
医療機関では、医師と連携を図り、その指示に従って患者さんや介護者をサポートします。
また、最近では一般企業からの求人も増えてきました。
特に企業では、職種によって職場環境はさまざまです。
その職場の特徴をよくつかんだ上で、カウンセリングにあたるということが重要なポイントになります。
企業で心理カウンセラーとして働くのであれば、その企業の規則に準じた給与が支払われます。
そのため、給料は就職先企業のサラリーマンと同程度となります。
資格を持っているといっても、その資格の価値が給料に反映されるわけではありませんが、就職難のこの時代に、資格が就職に有利に働くことは間違いないでしょう。
心理カウンセラーは、人の話を丁寧に聞くことができる技術が求められます。
それには人としての優しさと根気が必要とされますが、その一方で、相談者と適度な距離を保つこともとりわけ重要となってきます。
人と接し、人の心を聞く心理カウンセラーというお仕事は、人のために役に立つことを願う人にとって、最良の職業といえるでしょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする