看護師のキャリア

この記事の所要時間: 328

転職を考えている看護師さんはかなり多いようです。なんとなく職場でトラブルが起きたから・もっといい条件で働きたいから・・・という理由で転職を検討している方も多いでしょう。しかし、どうせ転職をするんでしたら、キャリアの向上を目指していきたいものです。
看護師にとって「キャリア」って何でしょうか?人それぞれキャリアのかたちは色々あるでしょうが、このページでは、一般的な説明をしていきます。是非ともあなたの「キャリアアップ」に是非役立ててください。

321_original01

看護師のキャリア

キャリアアップといっても、様々な形があります。

スポンサーリンク

収入アップ

給与はその看護師のキャリアを図る上で、一番単純でてっとり早い基準です。その職場の相場・平均と同じ程度であれば、そこそこ評価されているということでしょうし、平均より下だと評価されていないという可能性があります。
看護師業界で働いていればわかるでしょうが、同じ仕事をしていても職場によって給料は大きく異なります。大学病院の看護師と診療所の看護師とでは、収入も大きく異なります。
単純に給料や条件を良くしていく、というのもキャリアの一つの形です。

もっとも、給料だけを見ていくと大変なことになってしまう危険性もあります。残業がおおかったり、職場の雰囲気がギスギスしていたり・・・このような実態・実情まで含めて職場を探していくことが重要です。

認定看護師、専門看護師

日本看護協会が認定している資格としてお馴染みですよね。認定・専門を認められているかどうかで、転職の給料も変わってきます。その分野の専門知識・ノウハウを持っているという証拠にもなりますし、取得を目指して頑張っていくのも良いでしょう。
職場の中には、認定・専門の取得をサポートしてくれる病院もあります。研修制度・指導制度などが設けられているのです。このような職場に転職すると、キャリアアップもはかどりますね。

開業

看護師は独立開業できない・・・と思い込んでいる方はかなり多いようです。しかし、最近では医療形態が多様化してきたため、「開業看護師」という働き方も登場してきています。訪問看護など、主に在宅での介護に携わっています。
このようなキャリアを形成していくためには、介護に関する知識などが不可欠となっています。まずは、訪問看護ステーションなどへの転職を考えてみるといいでしょう。

特殊な看護師

手術室看護師や専門看護師などの専門分化した働き方。ツアーナース(修学旅行や合宿に同伴する看護師)など、特殊な分野で働くことも一つのキャリアということができるでしょう。

何事もキャリアとなる

自分には何も特徴がないから・・・と自信がない方も多いみたいです。しかし、どんな平凡な職場であっても確実にスキルを身につけることができているはずです。転職をする際には、このような自分の特長をしっかり見つめなおすことが重要です。
とはいっても、自分で自分を見つめるということはなかなか難しいですよね。このような場合には、転職サービスに相談をするのがいいでしょう。転職支援サービスで相談にのってくれるのは、何人もの看護師の転職をサポートしてきた転職コンサルタントです。転職のプロですから、いろんな観点でアドバイスをしてくれますし、自分のセールスポイントを履歴書・職務経歴書のかたちでまとめるお手伝いもしてもらえますよ。

もちろん、どの病院がキャリアアップに関する支援をしているのか・寛容なのか、という情報も合せて得ることができます。どのようなキャリアの形があるのか、ということも相談に乗ってくれますから、一度登録をして相談してみるといいでしょう。
言うまでもありませんが、このような相談に対して有益なアドバイスが得られない場合、他のサービスの利用・登録を検討するようにするといいでしょう。転職支援のためのサービスは数えきれないほど存在してるのですから、フル活用していかないともったいないですよ。

10年後に「食える仕事」「食えない仕事」?グローバル化で職の72%は消える。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする