看護師転職サービスの上手な利用法

この記事の所要時間: 340

看護師のみなさんが、転職サービスを利用して転職を成功させようと思っている場合、いくつかのポイントがあります。普通に利用するだけでも、十分な恩恵を享受することができるのですが、少し工夫することでより成功率が高くなるのです。
このページでは、そのようなポイントについて紹介をしていきましょう。

314_original01

1つのサービスに登録するだけで、すべての案件が探せるとは限らない

看護師の求人案件には、公開案件と非公開案件の2種類があります。公開案件は、看護師会やハローワークなどでも探すことができます。
これに対して、非公開案件は転職サービスに登録をしないと情報を見ることはできません。このような非公開の案件は、一般の案件より良い条件のものが多いのが特徴です。

ですから、転職を考えている場合には、転職支援サービスに登録をして非公開案件を紹介してもらうことが基本となってきます。しかし、「非公開」なのですから、すべての転職サービスに案件を出しているとは限りません。中には、コネクションがある会社だけに依頼を出している病院もあるのです。このような案件をしっかりと見つけ出すには、色んなサービスに登録をして、希望・条件をしっかり伝えて紹介してもらう必要があるのです。

スポンサーリンク

複数登録するべき理由

保有している案件が会社によって違うというのは、一つの大きな理由です。このほかにも、複数のサービスに登録するべき理由はあります。

転職サービスが無料で利用できるのは何故だかご存知でしょうか?それは・・・応募側の看護師からではなく、採用側・募集側の病院からお金を取っているからです。これは、基本的に成功報酬となっています。紹介した人材の年収の5?20%程度が支払われる報酬です。年収500万円の看護師を紹介した場合には、25?100万円ほどのお金が手に入るわけです。
だから、転職サービスは必死に看護師の転職を支援しますし、他者と差を付けようとサービス内容を充実させているわけです。年収ベースで報酬が決まりますから、条件をよりよくするために積極的に交渉などもしてくれます。
無料だからといって、ボランティアでやっているわけではないのですね。

さて、利用者の看護師からすると、このメカニズムを上手に活用していかない手はありません。サービス側としては、自分の会社で転職してもらわないと、タダ働きに終わってしまいます。「A社さんからは、もっといい条件の案件が紹介されているんですけど・・・」と、他のサービスも利用していることをにおわせると、よりよい案件を必死に提案してきてくれます。あまり度が過ぎてはいけませんが、適度に駆け引きを行うことは重要なことなのです。

上手に職場を辞める

看護師業界はすごく狭い世界です。何かトラブルが原因でやめてしまうと、後の職場でも噂が広まっていたというケースも考えられます。できるだけ上手な形で、跡を濁さないように職場をやめていく必要があります。
不満などがあっても、それを前面には出さず、「よりよいキャリアを形成するため」「いろんな経験をしたい」というポジティブな理由で置き換えるようにするといいでしょう。また、「家族の都合で」という説明は非常に有効です。
上手な辞め方についても、転職支援サービスがアドバイスをしてくれます。これを上手に活用するようにしていきましょう。

条件交渉が必須

専門職の転職活動は、大学生の就職活動とは位置づけが全く異なります。不況の現在、新卒の就職活動では、会社に自分を審査・評価してもらうために必死にアピールを行います。
これに対して、看護師は専門職。経験を持っている中途(転職)採用となれば、専門性はより高くなります。自分を審査してもらうという上下関係ではなく、自分を売りこんでいくような積極性が重要となるんです。ですから、勤務条件などの交渉も当然のように行います。
とはいえ、条件の交渉を自分でやるのはなかなか難しいもの。これも、転職サービスにお願いできるので、活用していくといいでしょう。

どうでしょうか。他にも、転職を成功させるためのポイントはいろいろあるのですが、以上のものをおさえておけば、かなり条件が有利になるはずです。

採用面接での「何か質問はありますか?」をチャンスに変える5つの質問例

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする