資格を取っておけば転職に有利?

この記事の所要時間: 220

 「資格を取っておけば転職に有利」と、大半の人がそう思っているでしょう。それは事実であると同時に、時としてそうではないという場合もあるのはご存知でしょうか。ではどんなケースがそうではない場合に当てはまるのか、例をあげて説明していきたいと思います。

スポンサーリンク

 一つ目は、とにかく資格欄を埋めておこうという気持ちから、希望する職種とは到底関係のない資格も片っ端から記入した例です。事務系の仕事に就きたかったはずが、何かのプラスになると思い取得した「自動二輪」や「救急救命士」の資格を記入した為行動力のある人間と判断され、希望した事務の部署ではなく営業職へ配属が決まってしまった、というお話です。また、人事職希望だったはずが簿記の資格を持っていたから経理へ配属、など思わぬ展開が待っている場合も無きにしも非ずなのです。

 大前提とも言えるかもしれませんが、希望する職種に見合った資格を取るということが重要です。採用担当者が必ず目を通すポイントですから、その企業の職種に見合った資格であれば本気度合いも伝わり易いでしょう。また、あまり耳にしないような資格の場合、それがどの様なものなのか説明できるよう準備しておくのがベストです。万が一その資格に対して深く追求された際、答えられなければ持っていても意味がありません。取得した資格の中には何年も前で内容すら忘れてしまっているものもあるのでは?今一度自分の持っている資格と内容を確認しておく必要があるでしょう。

 また、「資格さえあれば良い」というのも甘い考えです。特に全く経験のない業種へ転職する際、「まずその業種に関わる資格を取ろう」とここまでは良いのですが、実際に応募となった際に「要経験」などの文字に愕然としてしまわない様に。希望する仕事が見つかっても、経験が必要であれば資格があっても意味がありません。転職の前に十分下調べをしたうえで、働きながらスキルアップを目指すなど準備が必要となるでしょう。

 資格を取ることばかりに気をとられ過ぎるのも要注意です。長い間勉強して、それでも不合格になってしまう場合だってあります。難関なものであれば、それに費やす時間や労力も並々ならぬものになるでしょう。本当にこの資格が転職の際に必要なのかを良く考えた上で、取得する努力を始めましょう。本来の目的が「無事に希望の仕事に就く」ということを忘れずに。

 「とりあえず書いておこう」「とりあえず取っておこう」で成功するパターンとそうでないパターン、双方が考えられますが、大半はやはり状況によって使い分けるべきです。資格取得をプラスに持っていくのも、結局は自分次第ということでしょう。

スポンサーリンク

日本でアメリカの大学の授業を無料で受けましょう

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする