転職への様々な壁

この記事の所要時間: 220

 転職者の多くが、様々な種類の“壁”を乗り越えて転職に成功していることと思います。その壁は人によって大きく、厚く、困難なものだったかもしれません。そんな壁を乗り越えてでも転職したいという強い意思は、あなたにもあるでしょうか。

スポンサーリンク

 現在働いている仕事上の問題ですが、これは今のあなたの立場にもよります。当然ながら、責任のある立場や重要な仕事を任されていればいるほど、退職の意向を告げるのは気が重いでしょう。自分がいなくなれば確実に会社が困ると分かってはいても、転職の意思は固い。この様な場合には、勤務先と後任についての話し合いをきっちりしておく必要があります。また、これまでのあなたの業務内容をマニュアルにして分かり易くまとめておくなど、自分が退職した後でも引き継いだ人が業務内容を理解できるような準備をしておきましょう。

 次に、家族から反対された場合です。転職を決意した際に、真っ先に話す相手といえば多くの人が家族を思い浮かべるのではないでしょうか。家計を支えている立場であれば、転職はもはや自分自身だけの問題ではありません。家族の協力や共感が得られるよう、誠意を持って理由を話しておくべきでしょう。「会社に退職を告げてから事後報告」なんてことは避けるべき。一気に信頼を失ってしまうことになりかねません。長い間悩んでいることがあれば、まずはその悩みから打ち明け、そこから転職したい旨を伝えましょう。信頼し合っている家庭であれば自分の悩みを共有し、一緒に考え、そして転職が将来的に明るい道であると共感してくれることと思います。これは、常日頃からの家族間のコミュニケーションの状態にもよるかと思いますので、やはり日常的に家庭円満を保っておくことは大切です。

 また、転職したい気持ちは十分にあるけどそれだけの経験やスキルがあるか自信がない…という人も多いのではないでしょうか。特に若い人であれば、経験不足は大きな不安要素であり、まして経験したことのない業種に転職を希望しているなら尚更です。確かに未経験の場へわざわざ転職することは不安でいっぱいかと思いますが、自分が転職したいと思った気持ちを思い出して下さい。目標に向かって、何がなんでもやるんだという気持ちをぶつけましょう。その為には、自分自身を磨き、勉強や情報収集をすることが必要です。先輩や周囲のアドバイスなど、頼れる所には積極的に頼って糧としていきましょう。

 あなたが抱えている“壁”はこの中にあったでしょうか。本当にやる気になれば越えられない壁はないと言いますが、本当にそうだということをこんな時こそ身を持って証明したいと思いませんか?

スポンサーリンク

採用のプロがそっと教える「伸びる人」「伸びない人」の共通点

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする