第2新卒者の転職

この記事の所要時間: 213

 最終学歴から初めての就職をして1年?3年未満での転職をしようとする人を「第二新卒」と呼びます。新卒採用者の3割?4割が3年未満で会社を辞めてしまう社会状況が近年続いたため、この様な言葉が生まれたと言われています。実際には、自分が第二新卒者だと理解したうえで転職活動をしている人は少ないでしょう。現実に、第二新卒者が転職活動をする場合、採用する企業としてはどの様な印象を持つでしょうか。

スポンサーリンク

 やはり、3年未満で会社を退職するということは、「3年も続けられなかった人」という目で見られてしまうのは仕方ありません。当然ながら、ネガティブな印象です。特に年配の採用担当者になるにつれて、この様な考えになる傾向は強いようです。

 だからといって、第二新卒の人たち全てが何処へ行っても続けられないかというと、決してそうではないでしょう。大切なのは、「以前の勤務先をなぜ辞めたのかという納得のいく理由」と、「応募する企業に入って何がしたいのか」ということではないでしょうか。夢や目標、仕事に対する熱意をどれだけアピールできるかは非常に重要です。まして、3年未満という期間で退社しているという事実があるのですから、それを納得させるような理由と志望動機が欲しいのは当然といえるでしょう。

 希望する企業は多かれ少なかれこう思うはず。「自分の会社もすぐに辞めてしまうのでは…」と。過去にそういった経歴があるのは事実ですので、そうした不安感を抱かれてしまうのも無理はないでしょう。ここで大切なのは、ハッキリと続ける意志を伝えることです。自分がなぜこの企業に転職したいと思ったのか、そしていかに続けていきたいと願っているかをアピールしましょう。

 第二新卒だからといって、何もネガティブな要素ばかりではありません。まだまだ働き盛りの若い世代である半面、ある程度の社会経験や知識も兼ね備えているのが第二新卒の売り込みポイントです。新人を一から育成するのには、時間や労力、費用がかかるもの。それをある程度社会人として出来上がった第二新卒を採用することにより、若いながらも早い段階で戦力にすることが可能です。また、新卒だけでは人材の確保が不十分だった場合、企業が第二新卒の採用に踏み切るケースも見られ、近年必要とされる機会が多くみられます。

 自分が第二新卒であることをバネにすることで、転職の際に有利になるか不利になるか、勿論受け取る企業により様々。ですがしっかりアピールすれば、必ずその熱意は伝わると思うのです。

スポンサーリンク

「離職率3年で5割、5年で8割超」の人材“排出”企業

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする