転職に備えてこれだけはやっておこう

この記事の所要時間: 214

 いざ転職を決断した際、その為の準備を進めなくてはなりません。いきなり退職を申し出て、何も準備せずとりあえず転職先を探す…という無鉄砲な方法はあまりに危険。
養う家族もいない立場であればまだ許されるかもしれませんが、小さな子供がいる家庭などであれば尚更です。これからの生活の為に転職するのに、自身の転職がきっかけで家庭が崩壊してしまっては何の意味もありません。転職するにあたって最低限の準備やタイミングが必要ということを理解しておきましょう。

スポンサーリンク

 まずは当面の生活費などの“資金”。退職日までに次の企業から内定をもらえている場合は別ですが、全ての方がそうとは限らないはず。ましてや在職中の転職活動ほど難しく忙しいものもないのでは?転職先の選定から応募書類の用意、面接日の段取り、そして実際に面接を受けるなど在職中に行う場合は現在の仕事にも支障をきたす恐れがあります。
出来高制や時給換算の人の場合、面接や試験などで休んでしまえばその分給料も減ります。退職してからゆっくり仕事を探したいと考えている人であれば、資金が全くない状態で転職しようとすることほど愚かなことはありません。どの様なスタイルで転職するにしても、資金があるに越したことはないでしょう。万が一に備えて、当面の生活費を確保しておくことは余裕を持った転職活動へ繋がるのではないでしょうか。

 また、現在の就業先への配慮も忘れてはなりません。業種により繁忙時期などがあるかと思うので、その様な時期は極力避けるべきでしょう。後任へ引き継ぎをしなければならない場合が多いと思うので、できるだけ余裕を持った引き継ぎができ、自分が退職した後の業務に支障が出ない様にしておくのが良いでしょう。
どうしても転職を急ぐ場合は、上司に相談しきちんと許可を得て退職に踏み切る必要があります。できるだけ円満に退職するためにも、自分の都合ばかりではなくお互いを尊重し合うことが大切です。

 在職中か退職後かでも大きく違ってくるかと思いますが、転職活動には予想以上の出費やトラブルが起きるもの。協力してくれる家族がいる場合、まずはそういった人の理解を十分に得ることが必要になるでしょう。
また、一人の場合なら行き詰った時など何かあった際の相応の覚悟が必要です。スムーズに退職して気持ちよく新しい職場に行くことができるように、始めの一歩を確実に踏み出さなくてはなりません。その一歩は転職を決意したその日から動き出しているのだということを忘れないでください。

スポンサーリンク

『未来より今』『計画は捨てる』『他人の夢は追わない』天職を見つける20の方法

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする