円満退社に向けてのポイント

この記事の所要時間: 224

 転職するにあたって、現在の勤務先を退職することになるわけですが、よっぽどの理由がない限りは誰しも“円満退社”をのぞんでいるのではないでしょうか。勤務先に迷惑をかけないよう、後腐れなく双方納得の上で退社できることが理想的でしょう。そんな円満退社に向けてのいくつかのポイントがあるのです。

スポンサーリンク

 まず、退社を決意したらその意思を伝えなくてはなりません。ここで、本当にその意思に揺らぎがないのか今一度確認して頂きたいと思います。というのも、万が一上司から強い説得や待遇の改善による引きとめを受け、心が揺らいでしまう場合がある為。会社にとどまるという選択をすることになれば、やはり一度退社を申し出た分気まずい状況に陥ったり、その後の昇進などに影響をきたす恐れがあるからです。絶対に流されないという固い意思を持った場合のみ、退社の報告に踏み切る様にしましょう。

 さて、その報告を一番最初にするのは、直属の上司になります。いきなり社長など上の人間に報告するのは、直属の上司の管理能力が問われかねませんし、先に同僚や先輩に話してそこから上司の耳に入るのも良くありません。直属の上司の了解を得、そこで上司から更に上の人に話が及び、退職時期や後任の選定など具体的に話が進むことになるでしょう。この報告のタイミングですが、退職日の2?1ヶ月半前に行い、1ヶ月前に正式に退職願いを出すという形が良いでしょう。

 退職の報告にあたって重要なのが、退職理由。退職の理由は人それぞれあるかと思いますが、会社や会社の人間に対する不平不満を言うのは避けるべきでしょう。勿論、本当の理由はそこにあるにしても、実際にそれを伝えるのはお勧めできません。また、それを改善するということを理由に引き留めに合うかもしれません。あくまでも個人的な理由に徹し、例えば「他にやりたい仕事が出来た」など前向きな理由を話すのが良いかもしれません。

 万が一、上司から強い引き留めにあった場合ですが、給与など好条件を提示されたらどうしますか?本当なら、どんな引き留めにあっても意思を貫き通して退職するのがベストです。引きとめられる理由として考えられるのが、本当に必要な人材であるからということと、上司自身の保身の為ということがあげられます。もし後者であれば、そのような好条件が本当に実現するか怪しいものです。どうしても条件が気になる場合は、口約束でないか確認しておくことが大切です。

 退職日ですが、基本的には就業先の規律に従うのが普通でしょう。一般的には退職日の1ヶ月前に申告するというのが多い筈。引き継ぎや現在進んでいる企画など、会社側に迷惑をかけない時期を判断することも大切です。

スポンサーリンク

自己都合で退職しその後半年間のプー経験を売りに在籍時以上の待遇を求めて復帰を希望してきたゆとり君

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする