技術派遣という雇用形態が増えています

この記事の所要時間: 329

転職を考える時に、次の仕事先での就業形態を考える時代になってきました。
最近は正社員だけではない第二の選択肢が増えてきた時代なのです。
その中でも、最近、エンジニアの男性を中心に人気がるのが「人材派遣」です。
この人材派遣の形態が普通の「派遣社員」とは違うのが特徴です。

N811_notepcwosawarubiz500

一般的な派遣社員はどこの会社の社員でもなく、派遣会社に登録をし、そしてその派遣会社が取引のある会社へ派遣される、だけですので雇用形態としては「派遣社員」ですが、実情のところは社員ではありません。
派遣先の会社とは一ヶ月、三ヶ月、半年、一年という一定の期間の「契約」で働きます。
そしてお給料は時給計算で支払われます。
仕事を時間内で終わらせたい方にお勧めな雇用形態ですが、残念ながら簡単に契約が打ち切りになる、という不安定さがあります。

スポンサーリンク

人材派遣の場合は、上記のような派遣社員とはまた違う性質を持っています。
まず、派遣会社の社員になり、そこから「技術社員」という形で取引先の会社に派遣されていきます。
派遣社員との大きな違いは「会社の社員である」という事だと思います。
派遣先での勤務形態ですが、こちらも一ヶ月更新、一年更新など、派遣社員とほぼ同一の勤務形態となり、お給料に関しては在職している派遣会社により時給計算の場合もあれば、年棒制の場合もあります。
この人材派遣の特徴と言えば、社員ではなかなか入社が難しい会社でも、技術社員として派遣されることが可能なのです。
また、一般的に社員としての応募がされていない会社でも、一定の技術力のある人材が欲しいという理由から、派遣の受け入れはしている、という会社が多いために、勤務先の選択肢が広がるのです。
しかし、盲点としてはこの人材派遣会社に入社するためには、ある一定以上の技術力や智識がないと入社が出来ないことがあります。中には理系の大卒以上、と限定している派遣会社もあるほどです。(技術力があれば、高卒での入社も可能な場合があります)
また、すでに実務経験を積んでいる人が転職で利用する雇用形態でもあるので、その分野に関しては完全に素人の社員雇用はなかなか無いのが現状です。

また派遣会社の社員になるのでは、やはり福利厚生が全く違っていきます。
例えば、会社によっては一年に一回から二回のボーナスが支給されることもありますし、急な契約の打ち切りの際にも数ヶ月のお給料を補償してもらえる制度があったりします。
このような利点もあり、家族がいても安心という事で派遣会社の社員になることを希望する方が多いのです。

しかし注意点があります。
派遣社員も、人材派遣の場合も、勤務先の会社はあなたが手取りでもらっている金額の2?3割増しで支払っていることを覚えておいてください。
一ヶ月の総支給が100万円の場合、勤務先の会社はあなたが在籍している派遣会社に120万円程度は支払っているのです。
ですので、不景気の影響や配属されている場所の経営不振や業績不振、人事の影響を一番に受けやすいのはこの派遣で仕事をしている人たちであることを覚えておいたほうが良いでしょう。
雲行きが怪しくなってきたら、すぐに新しい勤務先を探すという事も一つです。

そのような不況に負けない派遣社員になるには、常日頃から自分の実力やスキルをどんどんアップさせることが重要なのです。
もちろん、積極的に上司や先輩たちから仕事を学ぶ事も必要だと思いますが、同時に自分の仕事に関係している資格などをどんどん取っておくことも必要です。
そうやって自分のスキルを高める努力をしておけば、派遣から社員になる可能性も見えてきますし、また、お給料もグッと上がる可能性もあるのです。
会社によっては「資格手当て」と言って、資格の保有数が増える毎にお給料がアップする場合もあるのです。
もちろん、どこの社員でも自分の実力を高める努力をすることは必要ですが、派遣で仕事をしていると、よりその努力が自分の価値とつながるので、重要となります。

エンジニアが応募したくなる求人票の作り方

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする