派遣社員と正社員の違いって具体的に何?

この記事の所要時間: 221

 「正社員と派遣社員、どちらが良いか?」と聞かれれば、大半の人は「正社員」と当然のように答えるのではないでしょうか。では、なぜ正社員の方が良いのでしょう。派遣社員よりも立場が安定しているから。昇給があるから。ボーナスがあるから…。これらのポイントは人によって大きな問題であったり、そうでなかったりするかもしれません。

スポンサーリンク

 「派遣社員より正社員の方が雇用形態的には安心感がある」。確かにそうかもしれません。ですが長きに渡る不況で正社員のリストラや転職などが珍しくなくなっている時代。特別に正社員だから絶対安心ということはないといえます。正社員であれば派遣社員には求められない責任や仕事のノルマなども求められることでしょう。立場に見合っただけの仕事内容がのぞまれるのは仕方ないことです。

 仕事に対する姿勢はどうでしょうか。「正社員だから責任重大」、「派遣社員だからこのくらいでいいや」。いずれも個人の考え方次第でしょう。仕事にやりがいを求めたり、責任を持つことに正社員も派遣社員も関係ないのではないでしょうか。正社員でも“とりあえず働いている”という人や“会社を背負っている”という気持ちの人がいたり、派遣社員でも“所詮派遣だから”という人や“働く以上は責任を持って”という気持ちの人がいたり、本当に様々です。勿論、パートやアルバイトであっても同様でしょう。どの様な姿勢で働くかということに、雇用形態は関係ないと思うのです。

 給料の面ですが、派遣社員はほとんどの場合昇給や賞与がありません。正社員であれば勤続期間などにより昇給があり、企業にもよると思いますが賞与も支給されます。ただ、給料に関しては正社員であっても勤務先の経営状態などに大きく左右されますので、一概には言えないでしょう。仮に昇給、賞与が必ず約束される企業であったとして、派遣社員が圧倒的に不利かどうかというと、これもまた考え方次第な部分があります。賞与がなくとも、年収としてトータル額が多ければ良いという人もいるでしょう。派遣先の了承次第では昇給が可能なケースもあります。

 また、派遣社員の場合はあくまで“派遣会社の社員”という立場の為、トラブルや不満があれば派遣会社を通して伝えることができます。間に入ってくれる会社があるというのは心強い点になるでしょう。ただ、この立場が企業によって酷い扱いを受ける原因になる場合もあるようです。派遣社員を軽視している企業などは本当に避けたいものです。

 正社員で働くか派遣社員で働くか、その人の立場や状況などにもよるでしょう。どちらを選んでも自分が有意義に働くことができれば、それに越したことはありません。

スポンサーリンク

「頑張らなければいけない」空気に、人が組織で取り囲まれる怖さ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする