ウェイターの仕事はかなりスマートで素敵なものです

この記事の所要時間: 214

男性の仕事の中でなかなか注目はされないかもしれませんがウェイターの仕事はかなりスマートで素敵なものです。
そのような女性が憧れるようなウェイターになるにはどのようになればいいのでしょうか?

一般的にウェイターの仕事としては飲食店や宴会場などでの接客を担当します。
仕事としては主に来店されたお客様に対して飲物や食べ物のサービスを行う、という事です。
しかし一流ホテルや、一流レストランで働いている、ということはとても洗練されたサービスができるということで、一般的にもとても特殊な能力だと認知されています。

スポンサーリンク

実際にウェイターになるには明確な資格などは必要ありません。
しかし、一般的に国家資格として「レストランサービス技能検定」という資格があるので、そのような資格を取得しておくと、就職する時に有利だと思います。
実際にこのレストランサービス技能検定を受検するには実務経験が必要となり、受験すら受けることができません。

また、しっかりと基本を学びたいと考えるならばホテル観光関係の専門学校でホテル学科などに進学するのも一つの手だと思います。
そのような学校に入学していると、すぐにホテルなどに就職できることだと思います。

また、どのような人がウェイターに向いているのでしょうか?
やはり、ウェイターはたち仕事であり、歩き回る仕事になります。
宴会などの担当になると、かなり長時間の間、あるきまわることが考えられます。
そのようなことを考えても、体力があることが最低条件になるでしょう。また、何枚ものお皿を持ち運ぶことが必要になるので平衡感覚がしっかりしていること、また腕力があることも重要です。
また意外な点で、手が大きいほうがしっかりとお皿を持つことが出来るので有利です。

そして精神面もとても重要です。
ウェイターの仕事というのはあくまでも裏方であり、また、突然のトラブルに見舞われることも多々あります。
しかし、その時にいちいち動揺していては意味がないのです。
その瞬間、瞬間に正しい判断、冷静沈着な態度で対処できる精神力はとても重要です。
また、時と場合によってはクレームを受けることもあるでしょう、その時に慌てふためかずにしっかりと対処できることもとても重要です。

実際にウェイターとして就職するには、ホテルなどに就職して、接客業に就けるように努力したり、またはお店に直接ウェイターとして就職するのがベストでしょう。
サービスに関する資格(ワインソムリエや野菜ソムリエなど)を持っていると就職には有利だと思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする