ワインソムリエになるにはどうすれば?

この記事の所要時間: 220

最近は日本人の食生活にも馴染んできたワインですが、そのワイン選びを手伝ってくれるソムリエになりたいと思う日本人も増えてきました。
また普通の会社員からソムリエへと転職する人も増えてきたようです。
ソムリエになるにはどのような資格が必要なのでしょうか?

実はソムリエには資格が必要ではあるのですが、実は必須ではないのです。
その理由は国家資格ではないので、極端な話 自分が「ソムリエです」と言えばそれまでだったりするのです。
しかし、やはりソムリエである以上あのソムリエのしるしでもある「バッチ」が欲しいところですね。
そのソムリエの資格を取るにはどうしたらいいのでしょうか?

ソムリエになるためにはまずは日本ソムリエ協会が認定する試験を受けたりする方が多いようですが
その資格はアルコールを扱っている飲食店での3年以上の経験が必要となるので。実務経験が在る程度ないと 実際には受験することができないのです。
またはホテルや観光系の勉強をできる専門学校似入学して知識を得る方が一般的のようです。
ほかには年齢、性別、学歴などの制限は一切無く、希望して勉強さえすれば誰でもソムリエとして活躍できるのがワインソムリエです。
なのでワインに興味を持ち出した30代、40代の男性や女性がソムリエとしてあたらな人生を歩みだしたいと思って、勉強し始める方がとても多いのです。

ソムリエになるというと 一般的にはなんとなくワインを選ぶというだけに絞られる場合があるのですが
そこはやはりお客さんの味の好みと食事の味にマッチしたワインを選ぶ必要があるために
それなに食事に関しての知識などがないとできないのです。

ほかにもワインの準備をしたり、グラスをキレイに吹き上げたり、普通のホテル内やレストラン内での業務もあったりと・・・と実際のところはソムリエ業だけに集中していることはほとんどないようです。

実際にソムリエとして働くには 自称でも働けるのですが本当に ソムリエの世界で成功をしたいのであれば しっかりとソムリエとしての知識などを得る必要があります。
そのために世界レベルでのソムリエコンテストを目指したり、または日本国内での大会での優勝を目指したりしながら
自分の実力と自分の名声を高めていくこともソムリエとしては実は必要なのです。

またソムリエにとって舌は命ともいえるので、できるだけ敏感な舌を保つように
刺激物の摂取をできるだけ控えたり、またはタバコや極端に熱いものなども食べないようにしている方が多いです。
またアルコールを扱う仕事なので、ある程度、アルコールを飲める体質であることはかなり重要です。

スポンサーリンク

1000円以下の美味しいワイン【家飲み用】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする