ボクシングは体格に関係なく自分のスタイルで戦える

 

この記事の所要時間: 319

ボクシング……それはリングの中でルールのある殴り合いと言われている格闘技・スポーツであります。日本人でも数多くの世界チャンプがいて、その名を歴史に刻んだ人たちも多いですよね。具志堅・亀田・ガッツ石松・井岡・小林などなど多くのチャンピオンが出てきました。

N811_shadowbox500

ボクシングは自分のスタイルで戦えるスポーツ

野球・サッカー・ラグビーといったスポーツは体格がものを言いますよね。また足が速いやつが有利だったり……どうしてもスタイルというのが限られてきます。しかし、ボクシングにはそれがありません。確かにセンスが必要になってきますが、スタイルは自分流でいいのです。例えば「自分は殴られるのが得意だからどんどん前にいってパンチを打ち込む!」というガンガンスタイル「自分は背が小さい、それをいかしてみせる!」というヒット&ウェイスタイル「一発逆転を狙ってやる!」というカウンターパンチャースタイル。

「スタミナなら誰にも負けない!」というスタミナスタイルなど本当に自分に合った形を取ることができるので、誰でもできるスポーツでもあるのです。確かにパンチの打ち方、強さなどもありますが、それも当たらなければ意味がない。どれだけ弱いパンチでも相手にあてればダメージを与えていける。だからこそボクシングに体型など関係ないと言われているのです。

スポンサーリンク

体重にあった級がある

さらに、ボクシングがどうして体格などあまり関係ないか?と言いますと、いわゆるミドル級やライトフライ級といったものがあるからです。もちろん、身長いくらだったら、この体重より、この体重の方がいい!といったコーチや指導者からのアドバイスはありますが、体重によって級がかわりますので、関係ないのです。ただし、ヘビー級などになりますと、パンチ力は圧倒的に凄く鍛えていない、またはライト級になりますと、吹っ飛んでしまうぐらいパンチ力に差があると言われています。そのような危険も回避するためかもしれませんね。

ボクシングはいつから出来るのか?

ボクシングはいつからできるのか?小さい頃からできますよ。本当にプロを目指している子は3?4歳ぐらいから頑張っていると言われています。そこから基礎体力などをつけていき、そして小学生・中学生でちょっとした試合に出していくというのがメインになるかもしれません。一応クラブはありますが、全国的にも少ないのであくまで学業をしながらジムに通ってプロを目指すという人もいれば、高校卒業後に猛練習をしてプロになるという人もいるようですね。大げさに言えば25歳からプロを目指すといっても問題ないみたいです。ただ、年齢的に厳しいでしょうけどが……。

ダイエットとして趣味でやっている人もいます

エクササイズボクシングというのがあり、スポーツではなく、ダイエットとしてやっている人もいます。ボクシングは有酸素運動となりますので、効率のいいダイエット方法ですよ。確かにしんどいですが、ストレス発散もできて……いい感じと言われているみたいです。

食事制限などで精神力もUPする

ボクシングは食事制限などがあります。ヘビー級ですと関係ないかもしれませんが……そのほかの級になりますと体重制限がありますので、それを守らないといけません。だから、食事制限をしっかりとしていかなければなりません。しかし、これは「精神力UP」にもつながるのです。食べたいものを我慢することにより、我慢強さを覚える。これを試合にいかすこともできるというわけです。

ボクシングの将来性

ボクシングはこれからも必要となるスポーツとなるでしょう。ファイトマネーも世界クラスになれば、高いですし、狙ってみる価値はあると思います。ただし、本気で努力をしても上にたどり着けるかどうかはわかりません。やはり才能というのも必要になりますから。それでも、努力をしないと上にたどり着けないのは間違いありませんよ。

スポンサーリンク

この記事のタイトルとURLをコピーする
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。