テニスの面白さと必要な道具

 

この記事の所要時間: 319

a1180_010198

テニスってどんなスポーツなのか?テニスとは「庭球」と言われているスポーツであり、コートの中をラケットを使いボールを打ち返していくというものであります。日本では松岡修造選手(今はコーチとしてですが)や錦織圭選手といった人が有名だと思いますし、錦織圭選手に関しましては日本初となる快挙を成し遂げているまさに今話題となっている選手と言えるでしょう。

スポンサーリンク

テニスに必要な道具は?

テニスに必要な道具はボール、ラケット、スパイクとなるでしょう。この3つとあとはコートがあればできます。だから「金持ちのスポーツ」とも言われているのが事実ですが、そんなことはなく、スクールなども結構安く通えるので一般の人も普通にできるスポーツとなっています。それ以外は特に必要ありません。

テニスってどれぐらいからできるのか?

テニスができるのはやはりしっかりと走れるようになってからでしょう。小さい頃はラケットを持たせて、ちょっとボールうちぐらいはできると思いますので、それでまずはテニスというのものを認識させて、そして成長すればしっかりとテニスの基礎などを教えていくのがいいでしょう。小学生からできるスポーツであり、スクールなども小学生向けなどがあります。そして中学では軟式テニス・硬式テニスとあり、やはりメインとなるのが硬式テニスになるでしょう。そして、高校では硬式テニスの全国大会が有名であると言えるでしょう。もちろん、大学でもありますよ。

テニスのプロってどれぐらいからなれるの?

テニスのプロというのは、なろうと思えば高校の時からなれます。もちろん、様々なテストと実績がないと無理ですが、才能がある人は高校生からプロで活躍ということもあります。遅咲きの人はもっと遅いですけどね。小学生や中学生からその才能を見抜いてもらい、どれだけの練習をするかによるともいえるでしょう。テニスは才能もそうですが、努力が物をいうスポーツでありますから……。コーチ陣がどれだけ優秀なのか?で決まるといってもいいでしょう。

マンガによる影響

テニスが人気出たのは、マンガの影響とも言えるでしょう。「テニスの王子様」だけではなく、様々なテニスマンガがあり、それにより影響されたといっても過言ではありません。しかし、現実とマンガは全く別物であり「なんだこんなんか」といって辞める人もいるみたいです。または、テニスの本当の面白さがわかり「凄い!ずっと続けていきたい!」という人もいるみたいですよ。

テニスの将来性

テニスの将来性はありますし、今でも十分にメジャーなスポーツと言えるでしょう。あまりテレビ中継などされませんが、色んな所で試合をやっており、その度に大きなお金が動いているといってもいいでしょう。錦織圭選手もたくさんのお金を稼いでいるといっても過言ではありません(もちろん、それ目当てではないでしょうけど……)だから、テニスでプロを目指す!全く問題ないといってもいいでしょう。

テニス4強と言われている中に日本人はいない

テニス界の4強と言われている人がいます。しかし、その中には日本人はいません。それだけテニスの世界というのは厳しいものであり、海外向けのスポーツとも言えるのかもしれません。しかし、その中に食い込もうとしている日本人選手もいることから、決して夢の話ではないということがわかると思います。プロで活躍している人が、今後、どのような活躍をしていくか?によって、テニスのブームがまた来るのではないでしょうか?

テニスはとてもしんどいスポーツです。相手がどこに打ち返すのか?またどこに打ち返したらポイントを取れるのか?いかにチャンスを自分の物にするのか?これが重要になってきます。本当に速い人は、サーブだけで200キロぐらい出しますので野球なんかより動体視力が必要になってきますよ。もちろん、スライスやトップスピンといった変化球もあります。

スポンサーリンク

この記事のタイトルとURLをコピーする
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。