FreeMind(フリーマインド)で頭の中を整理整頓しよう

 

この記事の所要時間: 340

マインドマップは、著述家トニー・ブザンにより創案された思考支援ツールです。対象の概念を中心に連想される事柄を放射状に配置して視覚化する作業です。アイデアやテーマを一枚の絵として感覚的に把握し、頭の中を整理することができます。

マインドマップは、本来、紙とペンによって手書きで作ることが推奨されていますが、PC上で動作するソフトウェアを利用して作成することができます。

「マインドマップ」という名称は、英国のThinkBuzan社の商標登録で、公認のソフトが有償で販売されています。ここでは、無償のマインドマップ作成ソフトFreeMind(フリーマインド)を紹介します。

スポンサーリンク

FreeMind(フリーマインド)のインストール

マインドマップ作成のためのフリーソフトは、いくつか存在します。なかでもFreeMind(フリーマインド)は、その使いやすさから世界で最もユーザー数が多く、WindowsおよびMac OS X、Linux他の各OSで動作します。

実行にはJava Runtime Environment(JRE)を必要とします。JREはjava.comからダウンロードし、インストールしておきます。FreeMind(フリーマインド)は、SourceForge.JPから対応するOSのファイルをダウンロードしてインストールします。

マインドマップの利点とソフトで作成するメリット

画面の中央に、対象となる概念、アイデア、キーワードなどを「親ノード」として入力し、そこから連想されるキーワードや関連する事柄を「子ノード」として放射状に自由に加えていきます。親子のノードは線で結ばれます。並列している子ノードは兄弟の関係になります。

各ノードの関係が見えてきて整理が進むと、あたかもファイル管理のようなディレクトリ構造(階層構造)として表示されます。

マインドマップによって、対象の概念を「漏れがなく、ダブリがない状態」として把握しやすくなります。これは論理的な思考を行う際の基本ルールMECE(ミッシー)と呼ばれ、問題解決を行う際にも重要な概念です。

手書きの場合、一度書き込んだノードの位置の変更は、新たに書き直ししないとできません。PCソフトでは何度も自由に修正ができるため、納得の行くまで作り込むことができます。

手始めに自己紹介シートを作成してみよう

最初に親ノードに「自己紹介」と入力します。すると自分に関することが頭の中に次々に思い浮かぶはずです。思いつくままに親ノードから連想するノードを入力していきます。

「名前」「年齢」「出身地」「経歴」「趣味」「性格」「家族」「友人」「同僚」「座右の銘」「おすすめの本」など、次々にノードを追加していきます。すでに作ったノードの下位に子ノードを作ることも、並列して兄弟ノードを作成することもできます。

「趣味」のノードの下には「音楽鑑賞」「ガーデニング」などのノードを作ると、さらに「音楽鑑賞」の下には「クラッシック」「ロック」など自然に連想が進むはずです。

作り方のコツは、まず思いつくままに書き出すこと

作成の初期段階では、あまり厳密に考えずに思いつくキーワードを頭の中から吐き出す感覚でノードを増やします。それぞれのノードの位置はあとから自由に変更できます。下位のノードから思いついても一向に差し支えありません。

ノードの移動はドラッグ&ドロップの操作で簡単にできます。「職場」のノードの下に「同僚」を移動すると、「同僚」に含まれる下位のノード「田中さん」「佐藤さん」は同時に移動します。

PDF、JPEG、HTMLへのエクスポート

最終的にできたものは、FreeMind(フリーマインド)の形式で保存するだけでなく、各種ファイル形式に出力可能です。画像形式(JPEG)で保存すれば、そのままWORD(ワード)やEXCEL(エクセル)に図として挿入することが可能です。

HTML形式で保存すれば、ブラウザで表示することもできます。その場合、各ノードの展開や折り畳みを操作することができます。

インストールしたアプリケーションソフトによって、PCの機能は飛躍的に広がります。FreeMind(フリーマインド)を使いこなして頭の中をスッキリと整理しましょう。

スポンサーリンク

この記事のタイトルとURLをコピーする
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。