ライフステージによって保険を選んでいますか?

 

この記事の所要時間: 224

いざという病気の時のために 保険に加入している人も多いと思います。
または保険を貯蓄の一つとして考えて、加入したり選んでいるひともいると思います。
でも、なんとなく、よく分からないまま加入している人、このタイプが実は多いのではないでしょうか?
実際に保険は保険屋さんに言われるままに加入していることが多いのですが。実際のところちゃんと見直してみないととても損していることがあるので要注意です。

スポンサーリンク

その理由は自分のライフステージに合わせて保険を見直す必要がある、という事なのです。
独身の時には自分自身が死亡したときの死亡保障はそこまでいらないでしょう。
それよりも、怪我や事故、病気の時に支払ってもらえる保険を選ぶべきでしょう。

結婚した時に必要な保険は自分が何かの理由で死亡したことを考えた保険を選ぶべきです。
例えば、配偶者が一人になってもある程度の期間、食べていけることができるくらいのお金を保証してくれる死亡保障であったり、もちろん、何かの病気や怪我などによって働けなくなることも考えられるのでそのようなことがおきた時に保険でカバーしてもらえるようにしておくことも大切です。
しかし、この時に保険の補償ばかり考えて、家計を圧迫するような保険に入らずにしてください。

子供が生まれた時にも 親が何かで死亡したあと、金額的に保障されていることが望ましいですね。
また、将来的に大学進学を視野に入れている場合には学資保険には加入しておくべきでしょう。
また、子供自身が怪我をしたり、した場合の保険に加入することも大切ですし子供が別の子どもに怪我をさせたり、何かを壊した時にカバーしてくれる保険にも入っておくといいと思います。

子どもが独立して夫婦だけになったとき この時には子どもたちに対しての死亡保障などは不必要になります。
それよりも自分たちの怪我や病気をカバーしてくれる保険を選びたいものですね。

仕事を世帯主がリタイヤした。
この時には自分の入院費や病気に備えられるような医療保障も欲しいところですがそれだけではなく自分が亡くなった後に必要になるであろうお金を保証してくれる保険が良いでしょう。

このように、必要な保障、必要な保険はその時の状況によって違うのです。
なので、一つの保険に入るときに10年前後のことを考えて入りたいものですね。

また保険によっては 安くて、保障も厚くて安心!というものもありますが、残念ながら実際のところはどの保険もどっこいどっこいだそうですよ。
安いから、というだけで飛びつくのではなく、しっかりと保障内容などをよく知った上で選びたいのが保険ですね。

スポンサーリンク

国民健康保険税が高いので、多くの人が安くなる方法を。
自動車保険って入らなきゃだめなの?

この記事のタイトルとURLをコピーする
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。