貯金の上手な方法

   2014/05/10

この記事の所要時間: 230

皆さんは貯金をしようと決めた時にどうやって貯金していきますか?
「もしも余裕があって、あまったらその分、貯金をしよう」なんていう風に考えていたりしませんか?
それでは残念ながら貯金はできないでしょう。

スポンサーリンク

やはり大切なのは「毎月○円貯金をする」と決めて貯金をする方法です。
例えば毎月2万円をお給料から貯金して
ボーナスの時には○円貯金をしよう、と貯める金額を決めてしまい。
お給料が入った時点でそのお金を天引き状態で貯めてしまうのです。
そして残ったお金でやりくりをする、という方法が実際にはお金を貯められるのです。

もしもお金が余ったら、なんていう夢のような話では貯まらないのが現状でしょう。
やはりしっかりと貯金をするには ルールを自分自身に作ることがとても大切です。

もちとん、冠婚葬祭などで 何かの時にお金がどうしても貯金できないことも出てくるかもしれません
その時はその時と諦めて、特別に何もない月には必ず貯金をするようにするのです。

しかし、この時に毎月、本当は余裕がほとんどないのに無理して「○万円」と目標を立ててしまうと、あとで 痛い目にあうことがあるものです。
あまりにも我慢が必要な貯金方法はあとで疲れてきたり、なんだか虚しい気持ちになることもあるのでご注意ください。
あまり目標は高くせずに、適度に自分で貯金しやすい金額を設定してください。

またお勧めなのは すぐに引き出せないように キャッシュカードを作らない口座に貯金する方法です。
お金を入金するだけだったら通帳でもできるので、あえて引き出さない覚悟でその口座にお金を貯めていくのです。
そうすることで嫌でも貯まる、という事がありますよ。
何かの時にわざわざ銀行に出向いていくのは面倒だったりしますよね。
そのことを見越した上でキャッシュカードを作らない、というのも一つの手です。

あとはちょっと無謀なやり方かもしれませんが。毎日、残っている小銭を強制的に貯めてしまう、というのも一つの手です。
この時にけっこう小銭が残っている人だと 思っている以上に貯まる反面
最終的に「あれ?今月こんだけしかお金がない」という結果にもなるので要注意です。
でも、小銭だけでも毎日コツコツと貯めていくと思っている以上の金額になることがありますよ。
私は数年間、チョコチョコと残っている小銭を袋にただつめていた時期がありました。
3年ほど経ったときに 何気なく銀行に持っていくと・・・なんと10万円近くになっていました。
そのようなこともあるので、ぜひ 小銭貯金も試してみてくださいね。
私はこのお金で旅行に行きましたよ!

スポンサーリンク

節約しないとまずいと思ったときに読むべきエントリー12選
お金がしっかり貯まっていく人と、貯まらない人の最大の違いは「習慣化」である
食費を節約して貯蓄を増やそう
外貨貯金は本当にお勧め?

この記事のタイトルとURLをコピーする
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。