スマホをビジネスに活用する

   2013/11/06

この記事の所要時間: 330

みなさん、スマートフォンを使って何をしていますか?
・動画をみている
・ウェブブラウジングをしている
・音楽を聴いている
・友人とのコミュニケーションをしている
以上の答えが一般の方の解答でしょうね。しかし、スマートフォンのアプリには様々なものが登場しています。使い方ひとつでは、ビジネスにも十分応用できるようなものがあります。ここでは、スマートフォンを用いたビジネス術の一端を紹介いたしましょう。

a0002_005830

営業日報

営業マンのみなさんなら必ずつけているのが、日々の営業の結果・行動内容などを書く営業日報ではないでしょうか。これの作成に時間をとられて、結果としてサービス残業に…という方も多いようです。

最近では、営業日報を作るためのアプリケーションなども登場しています。もちろん、パソコンとも連携をしているのできちんと管理をすんだとか。

管理をする上司の方からすると、ソフトの使い方を覚えなければならないのが面倒…と感じるかもしれません。しかし、営業日報は次の営業に活かしてなんぼ、過去の情報を検索しやすいということが必須の条件ではないでしょうか。パソコンで管理をするすると、管理・検索などの手間を省くことができますよ。

スポンサーリンク

資料の閲覧・編集

スマホが実力を発揮するのは営業日報だけではありません。
メールで送信されてきた資料を電車の中で確認・閲覧したり、場合によってはその場でプレゼンテーションの資料を作成したり…

スマートフォンの強みは、これまでの携帯電話ではできなかった資料の閲覧・編集ができるという点ではないでしょうか。今出先なので…という事態を避けることができます。

グーグルカレンダー

最近では、アプリケーションとパソコン用のクラウドサービスとの連携が進んでいると言われています。

たとえば、カレンダー上で日程やタスクを管理することができる「グーグルカレンダー」というサービスをご存知でしょうか。多くの人と情報を共有管理することもできるので、利用・導入する企業が増えているそうです。

しかし、スマートフォン上でこのサービスを閲覧するのって、少し不便ですよね。そこで活躍するのがグーグルカレンダーと連携することができるアプリケーションです。スマホに最適化されたカレンダーに情報を書き込めば、自動的にクラウド上のカレンダーにも反映される。もちろん、逆のこともできます。日程管理をグーグルカレンダー上に集約することができるというわけです。

チャットアプリ

チャットというと、昔のパソコン通信時代を思い出しますが、近年スマホのチャットアプリが大流行しているのをご存知ですか。

メールと違い、そこまで形式ばる必要もなく、さらにリアルタイムにまるで会話をするようにメッセージのやりとりをできる。きっと友人と楽しんでいるという方も多いのではないでしょうか。
このようなアプリを、ビジネスの現場に導入する企業も登場しているようです。これを最大限活用することで、離れた場所であってもリアルタイムでミーティングを行うことができますよね。また、情報をすぐに共有することができるという利点もあります。

最近では、無料で音声チャットを楽しむことができるアプリも登場していますね。パソコンのソフトではスカイプが有名なのでは。スカイプもスマホ専用のアプリとして登場しています。これをスマホに導入して、さらに仕事の効率を高めるというのも一つの手段かもしれませんね。

怖いのは情報流出

さて、ビジネス用にスマートフォンを使う場合、一番おそろしいのは情報流出ではないでしょうか。会議や日報などの大事な内容をやり取りする際には、それが抜き取られていないかどうか非常に心配ですよね。

特に、android携帯はウィルスに対する脆弱性があるということが指摘されています。アンドロイドを避けるか、もしくは、プライバシーで使うスマホと別のスマホを使うか…なんらかの対策を講じなければならないでしょうね。

iPhone神アプリまとめ!これがないと日常が本当に困るレベルのアプリ10個

スポンサーリンク

この記事のタイトルとURLをコピーする
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。