iPhoneの魅力は操作性とデザイン性

   2019/03/04

この記事の所要時間: 215

 アップル社の製品と聞いて、真っ先に思い浮かぶのが“iPhone”でしょう。実際に使用している、又は使用したことがある人であればその魅力については語るまでもないかと思います。まだiPhoneを使用していない人は、人気や凄さはなんとなく分かっているものの、本当にそこまでのものなのか…という思いなのではないでしょうか。携帯を買い換えるのは、人にもよりますがさほど頻繁に行うというものでもないでしょう。そこでiPhone購入を検討している人に向けて、その魅力についてお伝えしておきたいと思います。

スポンサーリンク

 iPhoneの魅力はその操作性。全ての操作を「直観的」に行えるように作られています。この為、iPhoneには音量ボタンを除いて電源を入れるボタン(スリープ解除ボタン)とホーム画面に戻る為のホームボタンしかありません。他の携帯、特に非スマートフォンには数字を始めとしたお決まりのボタンがいくつもついていますが、「あれをしたい」と思った時、どこをどう押せばいいんだろうと考えた経験はありませんか?iPhoneの「直観的」な操作を誘う作りによって、このような“迷い”が大幅に少なくなるのです。

 また、他のアンドロイド携帯と比較しても操作性がスムーズなのも大きなポイント。アンドロイド携帯やパソコンなどを使用したことがある人なら「サクサク進む」というのがどういうものが、お分かりでしょう。iPhoneは正にその「サクサク感」が非常に優れており、パソコンなどを使用していてイライラするあの「重さ」はほぼ感じられないでしょう。

 中身が高い評価を得ているのは当然なのですが、そのデザイン性も無視できません。スタイリッシュであり、手に馴染むほど良い大きさであり、細部に至るまでこだわり抜いている感じが伝わってきます。携帯を良く買い替えるという人は、機能は勿論なのですがデザインに飽きたということもあるでしょう。最新のデザインが良いものだというのは誰もが思うことですが、iPhoneに関しては長く飽きさせない魅力があると感じます。好き嫌いもあるとは思いますが、見た目だけでなく持った時の感触や扱いやすさという点からも優れたデザインになっていることは間違いないでしょう。

 「今さら分かりきっている」ということばかりだったかもしれませんが、非iPhoneユーザーの方にとっては体感してみたいというきっかけになればと思います。他社の製品も非常にレベルの高いものが続々登場しているので、比較してみると良いでしょう。

iPhoneのカレンダーとEvernoteのチェックリストで生活習慣を改善しよう

スポンサーリンク

この記事のタイトルとURLをコピーする
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。