今から準備しておこう、プレママのためのiPhoneアプリ

   2019/03/04

この記事の所要時間: 223

妊婦さんはプレママ用の雑誌をたくさん読んでいることでしょう。
その中には、出産後すぐに使える赤ちゃんのお世話ノートが付録になっているので、初めての出産の人は必ず使ってきました。
今はノートに書き込むのではなく、iPhoneやスマホを利用して成長記録を付けることができるのです。出産前の今を利用して、自分にあったアプリを見つけましょう。

スポンサーリンク

授乳時間の記録は必須です
出産から退院するまでの間は、看護師さんが聞きにくるので何時に授乳したかをメモしておかなくてはなりません。でも、自宅へ帰ってからは子育てと家事と自分の休息でままならないです。つい書き忘れたということが絶対に生じます。

数回そういうことが続くと、「全部を記録するのは無理」と途中で投げ出してしまって何時に授乳したかを忘れてしまう新米ママもいます。そのためのアプリが「Time Of Milk」、使い方がとてもシンプルです。
何時何分に授乳したか、おしめは何時に変えたかが一目でわかります。
それだけでなく何をどのくらい飲ませたかも入力できますから、一覧で見たときにわかりやすいです。前回の授乳からどれだけ時間が経っているかもわかるため、なぜ赤ちゃんが泣いているのかを見極める判断材料にもなります。しかもボタン一つで操作が可能なので、迷うことがありません。

子育て記録は母子手帳とアプリの二刀流
妊娠するともらえる母子手帳は、お母さんの証です。病院への受診、検診、予防接種などでは必ず必要になってきます。
でも日々の記録を写真とともに記録して置けるアプリ「赤ちゃん日記」も同時活用していけば、受診や検診の際、医師に聞かれてもすぐに答えられます。
長い日々のお世話といっても、授乳やおしめの交換だけではなく散歩や夜泣き、離乳食などの必要項目はすべて備わっています。入力方法もタップ利用して手軽に行えます。カレンダーになっているので、一言日記みたいに文章を入れることも可能です。ツイッターと継っているため、ママ友との情報交換が容易にできるという部分も便利です。

プレママ時代は、「子育てしながら日記くらいつけられる」と思いがちです。ですが実際に出産してみると、子育ての記録をつけることがいかに大変なことかがわかります。それに子育て日記は、振り返りができるものなので、とても大切です。あれこれと手をつけず、シンプルに自分流にお世話日記をつけませんか。
子育ての楽しさも、大事な記録も、ママ友とのやり取りもすべて出来るので、一段と子育てがしやすくなります。
赤ちゃんお世話の楽しさは、ママだけの特権です。新米ママになって困らないように、プレママの時に探して使い方をマスターしておきましょう。

スポンサーリンク

【iphone】神アプリを列挙するスレ

この記事のタイトルとURLをコピーする
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。