派手な広告、話題を呼ぶためのゲスト選定に隠された巧妙な手口(仮面ライダー変身ベルト)

   2013/02/06

この記事の所要時間: 43

 さらに、平成ライダーは主題歌の歌手やゲスト出演者の選択も絶妙です。こうした要素は製作発表時などに取材を呼ぶために非常に重要な要素ですので、確たる基準を持って起用されているのです。
 主題歌には古くからの特撮ファンやアニメファンに認知されているジャンル歌手ではなく、それ以外の一般に認知度が高い歌手を起用しています。歴代の主題歌を見てみても、アニメの経験があるのは『クウガ』の元クリスタルキング田中雅之、『アギト』の石原慎一、『龍騎』の松本梨香だけで、それも初期の三作目までのみ。以後は五作目『剣』の後期オープニング以外は著名アーティストが関わる形となっています。シリーズに定着とともにオタク要素を切り離し一般向けにシフトしたわかり易い例と言えます。

 これもシリーズの定着化とともに、特撮ヒーローというジャンルに親しみを持ってくれそうなアーティストにオファーを出すようになりました。
 特に『オーズ』主題歌を担当した大黒摩季は番組への思い入れから、すでに活動休止中だったにもかかわらず最終回に向けて新しい音源を提供しました。これは劇中で一年間のドラマの着地点とも言える場面で非常に効果的に使用され、印象深いものとなりました。

ゲスト出演者・話題作り枠出演者も同様です。まず、マニアにとって有名ドコロは避けます。そして、一般に知名度が高く、かつ子供がいる、男性としてヒーロー物というジャンルに思うところがあるなど、親しみを持ってくれそうなアーティストや芸能人を起用しています。
ストーリー上大きな扱いをうけるゲスト出演者の場合は、単に話題性だけではなく作品全体に刺激をあたえてくれそうな人を選別しています。

映画版『W』にゲスト出演した松岡充や吉川晃司、『フォーゼ』もレギュラー主演したアンガールズ・田中卓志などはその好例で、ジャンルの色がついていないことが化学反応を生み、作品内容の底上げしてくれました。
 これもシリーズの認知度アップと定着化に大きく寄与した要素です。

 また、話題作りのためだけの芸人ゲストを招く際には、話題作りに徹し作品の雰囲気を崩さない配慮がなされています。
 映画『仮面ライダー電王 俺誕生!』ではゲストの陣内智則やほしのあきはストーリーには殆ど絡みません。

『仮面ライダーオーズ』の仮面ライダーシリーズ放送通算1000回記念エピソードでは多くの芸人がゲスト出演させることで話題を呼びましたが、そのゲストの出演する場面はストーリーに関与するものではありませんでした。クチの悪いファンには「なんのためのゲストだかわからないのに騒ぐだけで鬱陶しい」と批難されましたが、話を追う上でカットしても問題ない程度の器用であることがむしろ重要なことで、主人公たちの関係性が作品の最も大切な根幹であった同作に対し、それまでの積み重ねで作り上げられたものに作りて自らが余計なものを混ぜ込むのを避けたわけです。

また、こういった話題作りゲストは程度が過ぎると落ち目感につながります。またテレビや新聞の取材を集める力はありますが、意外と集客にはつながりません。AKB48を主役級の起用をしてしまった同業他社キャラクター映画の興行収入などを見てみると、何かと気がつくこともあるかと思います。
そういったミスは犯さないのが平成ライダーシリーズの上手いところです。

また、時にはやり過ぎと避難されるようなプロモーションもありました。
第十作『仮面ライダーディケイド』では番組最終回での唐突なクリフハンガーから「続きは映画で!」というプロモーションを打ち、これはさすがに様々な方面から怒られてしまいました。
これはやりすぎた例ですが、映画では映画館に来てもらわないことには始まらないので、そのための試みであったといえます。

 このように、平成ライダーはプロモーションでもシリーズの地位向上を目指してきました。
アニメソングや声優ソングがオリコンランキングを席巻してしまう世の中になったように、日本のテレビドラマ全体が地盤沈下したおかげで固定客の多い分野の地位が相対的に上がっただけであるという見方もできますが、まわりと一緒に沈下しなかっただけ充分な成果を発揮したといえるでしょう。

変身ベルト売上75万本超に至る道 大ヒットを生んだ戦略
1 これが人気シリーズ化を決定づけた。最初期に打ち出されたシリーズ延命による袋小路回避のための方策。
2 10年間の集大成と転換点となった2009年 放送開始月の変更に伴う販売戦略、及びシリーズカラーの変更。
3 知名度を武器に、シリーズの地位向上を図る。
4 派手な広告、話題を呼ぶためのゲスト選定に隠された巧妙な手口。

終わりに:社会情勢への対応。現実とかけ離れたエンターテイメントの効用。

スポンサーリンク

この記事のタイトルとURLをコピーする
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。