出汁を使った和食のレシピ?京風出汁巻き卵

 

この記事の所要時間: 248

砂糖や味醂などの甘味ではなく、卵の甘味を出汁やその他の調味料が引き立ててくれる、伝統の出汁巻き卵です。素材である卵の風味を、充分に生かしながら、納得いく味を楽しめます。

スポンサーリンク

材料は3?4人前です。

材料

・卵 L玉・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・4個

・浮粉または片栗粉・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・小匙1強ぐらい

調味料

・二番出汁・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・280Mlぐらい

・塩・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・小匙1ぐらい

・薄口醤油・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・小匙1/2ぐらい

作り方

1.ボールなどに卵を入れて軽く溶きます。その中から適当に別ボールに適量を移して、浮粉か片栗粉を入れてよく攪拌します。

2.粉を溶かした卵液をもとのボールに戻して腰がなくなる程度に、攪拌してください。このときになるべく、空気がはいらないようにすると、焼く時に気泡ができ辛くなります。

3.出来た卵液を、目の細かい笊などで漉してください。

4.熱した卵焼き用の鍋に、畳んだキッチンペーパーなどでサラダオイルを塗り、卵液を3回ぐらいに分けて焼きます。焼いているときに気泡が生じたら、その都度箸の先で潰しながら焼いてください。

5.うまく焼けたら熱いうちに、巻き簾などで丸く形を整えるのもいいし、普通の卵焼きのように整えるのもいいと思います。

6.形を整えた出汁巻き卵を切り分け、あしらいを整えた器に盛り付けて完成です。

甘くない、本当に卵の味を充分に引き出した出汁巻き卵は、お酒のあてにもあいますし、お弁当のおかずにもぴったりです。また、海鮮丼に添えても、味に変化をつけることができます。出汁を使うことによって、お店の味に近づけることができます。熱々のときには大根おろしを添えても、大変に美味しくいただけます。

スポンサーリンク

この記事のタイトルとURLをコピーする
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。