出汁を使った和食のレシピ?蕪(かぶら)と厚揚げの煮物

 

この記事の所要時間: 243

家庭料理風でもあり、お店の味のようでもある一品です。蕪の甘味を出しながらも、しっかりと出汁の味と香りが楽しめます。厚揚げにも出汁の味と香りがしみ込んで、ご飯のおかずにも、お酒のあてにもよく合います。

また、熱々でも、冷めても、それぞれの温度の美味しさが楽しめるような、ほんとうに日本を感じさせる一品です。

スポンサーリンク

初めに材料ですが、ほぼ4人前ぐらいです。

材料

・蕪(葉付き)・・・・・・・・・・・・・・・・・・・大4個

・厚揚げ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・一丁

調味料

・二番出汁・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・360mlぐらい

・日本酒(料理用ではなく)・・・・・・・・・・・・・90mlぐらい

・濃い口醤油・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・大匙3ぐらい

・味醂・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・大匙2ぐらい

作り方

1.蕪はよく洗ってから、葉と茎の部分を切り分ける。葉についている茎元は切り落して、3?4cm程度に葉を切っておく。

2.葉を切り落とした蕪を縦に6等分、サイズによっては4等分にする。このときに皮をむかない方が美味しいが、上品にするのなら皮をむいておく。

3.油抜きをして水気を切ったた厚揚げを、食べやすい一口大に切る。

5.鍋に二番出汁を入れて、分量の酒、醤油、味醂を入れて中火にかける。調味料が沸騰してアルコールが飛んだら、切った蕪と厚揚げを入れる。落とし蓋をして、蕪が柔らかくなるまで煮る。

6.蕪の半分ぐらいまで火が通ったら(竹串を刺して途中で止まるぐらい)、葉を入れて火を止める。そのまま約20分程度、余熱で火を通す。

余熱で火を通すことによって、煮過ぎて食感を損なわず、美味しく炊き上がります。蕪の美味しい季節には、たまらない一品になります。

スポンサーリンク

この記事のタイトルとURLをコピーする
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。