出汁を使った和食のレシピ?揚げだし豆腐

 

この記事の所要時間: 349

揚げだし豆腐は、豆腐にひと手間掛けてボリュームアップをした、家庭料理の定番だったひと品です。最近では、あまり家庭料理としては登場する機会も少なくなって、お店の料理になってしまった感は否めませんが、ぜひこれを機会に挑戦してみてください。材料は3?4人前程度です。ちょっと少なめですから、たくさん食べたいときには適宜増量してください。

スポンサーリンク

材料 3?4人前

・木綿豆腐(350gぐらいのもの)・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・一丁

・ししとう・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・一人2本

・茶筅茄子・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・一人半分

調味料A

・二番出汁・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・200mlぐらい

・濃い口醤油・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・50mlぐらい

・味醂・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・25mlぐらい

・酒・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・大匙2ぐらい

薬味

・大根おろし・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・適宜

・万能ねぎの小口切り・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・適宜

・卸生姜・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・適宜

作り方

1.豆腐を厚みの半分に、横2等分してから、一人2枚あてになるように切ります。

2.バットにキッチンペーパーを引いておき、その上に切った豆腐を重ならないように、綺麗に並べて、10分ぐらいおいて水切りをします。

3.フライパンに豆腐が浮かぶぐらいの量で、サラダオイルを入れます。160?170度に温度が上がるのを待つ間、水切りをした豆腐に片栗粉をつけます。たっぷりつけて、刷毛などで落とすときれいに、斑なくつけることができます。

4.適温になった油に豆腐を入れて、揚げていきます。茶筅茄子もこのときに入れます。

5.揚げ上がりを待つ間に、調味料Aを火にかけてひと煮立ちしたら、火を止めておきます。

6.豆腐の表裏をひっくり返しながら上げて、菜箸でつかんだ時の感触がカリッとして、色が少しきつね色になったら取り出して油を切ってください。茄子も同じように油を切ってください。油の入ったフライパンの火を止めて、串などで穴を開けたししとうを入れて、10秒ぐらいで取り出してください。

7.油を切った豆腐、茶筅茄子、ししとうを器にバランスよく盛り付けます。盛り付けた豆腐の上に、薬味をさらに盛りつけたら、熱々の調味料Aを器に張って完成です。

冬の寒い時から、真夏の食欲の落ちる時まで、豆腐を美味しくいただける一品です。真冬は柚子をあしらったり、新緑のときには木の芽をあしらったりしても、季節感を出せる料理なので、一年中楽しめる一品です。

もちろん、ビールやお酒のおつまみにも、ぴったりの料理です。

スポンサーリンク

この記事のタイトルとURLをコピーする
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。