5種類のバイキング・食べ放題の楽しみ方

 

この記事の所要時間: 331

a1180_009467

食べ放題といっても、さまざまな種類、ジャンルがあります。具体的に、食べ放題にはどのような種類やジャンルがあるのでしょうか。
以下では、バイキング、ビュッフェとも呼ばれる食べ放題を整理してみました。

スポンサーリンク

イタリアンの食べ放題

イタリアンの食べ放題は、イタリアンのお店がお昼にやっていることが多いようです。夜にイタリアンの食べ放題をしているところは珍しいといえます。
ランチでしているため、980円から2000円以内といった価格設定になっています。

個人経営のイタリアンのお店でしていることもあるし、系列店が多いイタリアンチェーンのお店でもしています。チェーン店の中でもっとも有名なイタリアンのランチ食べ放題と言えば、株式会社ワイズテーブルコーポレーションが経営している「サロヴァトーレ・クオモ」があげられるでしょう。

イタリアンらしく、ピザが主体となっていることが多いようです。ピザに加えて、サラダ、パスタ、パン、デザートが数種類がキッチン近くのテーブルに置かれていて、客が自由に選んで食べ放題となる形です。ピザは、石釜からだしてきた焼き立ての熱々ピザをそのまま食べられるところもあります。

中華料理の食べ放題

イタリアンに続いて目にすることが多いのは、中華料理の食べ放題ではないでしょうか。
中には、飲茶だけの食べ放題もあります。

飲茶の食べ放題の場合、店員さんが作りたての飲茶をワゴンの上に載せて店内を回っており、お客さんたちは自分たちのテーブルに座ったまま好きな飲茶をワゴンの上から取っていくというスタイルも珍しくありません。
中華料理の食べ放題の場合、メニューを見てから店員さんに直接頼むオーダーバイキング形式とイタリアンのカウンターバイキング方式が半々のようです。

ちなみに座って食べる場合のほうが、お値段は高くなります。夜のオーダーバイキングで北京ダックやフカヒレを食べられるところだと、一人当たり1万円という価格設定もあります。ランチの中華料理は、1000円前後とリーズナブルです。

焼肉食べ放題

焼肉食べ放題は、もっとも値段にばらつきがある食べ放題だと言えるでしょう。1000円台から1万円台まで価格設定がバラエティ豊かです。どちらかといえば、ランチよりも夜に食べ放題をしているお店が多いようです。

焼肉だけをひたすら食べられるところと、焼肉だけではなくしゃぶしゃぶやすき焼きも一緒に食べられるところ、肉類以外のビビンバなども食べ放題になるところ、とメニュー内容の豊富さでも目をひきます。

家族と行くのか親しい友人同士で行くのか、誰と行くのか、どういった用途で使うのかということをよく考えてからお店を選んだほうがよさそうです。

ケーキバイキング

「スイーツパラダイス」のようにケーキバイキング専門店までできているくらい、日本の食文化になじんだケーキバイキング。ケーキバイキングを食べられる時間は、ランチやディナーの時間を避けた隙間時間である午後2、3時前後が多いようです。

値段設定は、1000円から4000円台と、そんなに高くなることもありません。街中にある店よりも、ホテル内のラウンジでおこなわれているケーキバイキングの値段が高くなっています。

ケーキバイキングやスイーツビュッフェ、デザートビュッフェといった名前がついていても、ケーキやお菓子以外にもサンドイッチやパスタをつまめるところも多いようです。また、洋菓子だけではなく和菓子、世界各国のデザートが食べられるお店が増えつつあるのが最近の傾向です。

エスニックバイキング

エスニック料理のチェーン店では、お昼にランチバイキングをしているところが多数あります。タイ料理やベトナム料理など東南アジア料理を提供するお店に多いです。また、メジャーなところではインド料理、ネパール料理、スリランカ料理といったカレーバイキングがあります。

夜の料理をいきなり試す前に、お昼のランチバイキングで味を確かめるといった使い方もできそうです。もちろん、夜にもオーダー形式のバイキングをしているお店などがあります。

スポンサーリンク

この記事のタイトルとURLをコピーする
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。