焼きそば?ホルモン?B級グルメとB-1グランプリ

   2016/09/26

この記事の所要時間: 218

 いわゆる「食通」、「美食家」と同じ意味をもつ「グルメ」という言葉。私たちが使う際には、美味しい食べ物のことを同じ言葉で表す場合も多いでしょう(正確には料理そのものをグルメというのは使い方として変なのですが…)。とにかく「グルメ」と聞くと美味しい食事やお店、それを食べる人や作る人を連想するのが一般的でしょうか。各国料理やスイーツ、家庭料理など「グルメ」の形は様々あります。

スポンサーリンク

 特に昨今話題となっているのが「B級グルメ」と呼ばれるもの。決して高価でも贅沢でもないのですが、独自のアイデアやレシピ・材料で作られる絶品料理です。中でもB級グルメに属するものとして多いのが「ご当地グルメ」ともいわれる、その地域限定の食品です。

昔ながらの伝統料理、いわゆる「郷土料理」ともまた違った、その地方ならではの食材や味付けを現代風に改良して数々のB級グルメが開発されています。代表的なものとして、静岡県の「富士見宮焼きそば」や岡山県の「津山ホルモンうどん」などが有名です。

2006年から毎年開催されている「B?1グランプリ」も、B級グルメブームの火つけ役となった大会です。

参加は特定の加盟団体に限られてはいるものの、全国各地から集まった人々が地域の代表としてその地域のB級グルメレシピを披露しあい、ご当地のPRを行うもの。

B?1グランプリの公式HPをご覧いただくと分かると思いますが、この大会を開催する意図はあくまで「まちおこし」ということで、表彰されるのも料理自体というわけではなくその料理を披露した地域に贈られる、というのが本来の形なのだそうです。

テレビなどで料理ばかりがピックアップして取り上げられるのは多少なりとも仕方ないかもしれませんが、本来の目的と微妙にずれているという点で開催側としては問題も抱えているようです。また、問題になっている点の一つとして「B?1グランプリ優勝」という名目で売られている料理やお取り寄せ食品が増えてきていることです。公式に使用が認められているものは公式HPにて記載されている表記に限られています。
「B?1グランプリ優勝○○」という風な名目で販売されているものについては無断で不当に扱われているものだということなので、皆さんも十分注意して下さい。

B?1グランプリが本来目的としている「まちおこし」を実現させていく為にも、私たち食す側の人間も、地域活性化を第一としていることを念頭に置き、全国各地のB級グルメを楽しみたいものです。

2013-04-17再編集

1000円台で飲める、本当に美味しいワイン
めんつゆだけで美味しくできる簡単レシピ
脂肪燃焼スープ

スポンサーリンク

この記事のタイトルとURLをコピーする
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。